プロフィール

花豆餡子

Author:花豆餡子
***************
「食べることは生きること」
少しでも自給自足で、心身ともに健康な生活を求め、信州の山の麓で農業に辿り着きました。
古民家と田畑を借りて、荒れた家を修理しながら農作業に精を出し、おいしい米と野菜を作ろうと日々汗を流しています。
田舎の生活を自分感覚で愉しんでいる、自称、自由農業人。
物を作ることが大好き。
そして毎日ちっちゃなシアワセをかみしめながら、ほそぼそと生きているのであります。


カテゴリ


月別アーカイブ



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝7時、世界は真っ白なモヤモヤ・・・



午前中はずっとこんな感じで
全然稲刈り日和ではない。

昨夜はとても興奮していて(笑)
頭の中で何度も畔際刈や角刈のシュミレーションをし
なかなか寝付けなかった(爆)



軽トラックに自転車を乗せ一番遠くの田んぼへ。
午前中は自転車で帰りながら、
3つの田んぼの四隅を手刈していた。
げげっ!あっという間にお昼だ!!

コンバインで田んぼへ出勤。
(ゴムクローラが痛むらしいけど仕方ないのです)
刈り出したのは午後。
ひっそりと稲刈りを開始した。



馴れない操作で刈り残しや踏み潰した稲もいっぱいです。



刈取って脱穀した籾はグレンタンクから軽トラの荷台へ



満杯にして、ライスセンターの籾受け口へ、ドドド~っと。



考えていた通りの流れでよかよか。



ワラの収束機がついているので初めて使ってみたり。
(後で自分で結束しなきゃならん)
ワラが詰まって緊急停止してしまったので度々カッター部を開けたり。
(取説読んでおいてよかったぁ)
Aさんが自販ジュースを持ってきてくれたのでガブ飲みしたり。
(埃だらけなので喉が渇くんだ)

・・・
頭で考えていたよりも進捗具合がとてつもなく遅い。

しかも大きな勘違いをしていた。
タンク容量は330キロではなく、
330L(籾袋6.5)だったのである(笑)
重量で言うと、180~200キロくらい。
中割して効率的に作業をしているつもりだったんだが、
軽トラックから離れた場所でタンクが満杯になると困るので
頻繁にチェックしてタンクを空にしなければならん。

おーい!こっちだこっちー!

と呼びかけたところで運転手のいないダンプは動かないし。


あ~、大きなダンプで1回で運べればいいのにぃ~
そんでもって、
田んぼの中、
軽トラを近くまで持ってきてくれたり
チョイ助っ人が欲しい~

軽トラが2/3満杯になったので刈取り作業を一時停止して
ライスセンターへ行けば
担当のおっちゃん、どっか行っちゃって待たされるしぃ~

時間的スケジュールを甘く見ていたな。
1~2時間もあれば1枚目が終わるだろうと。
去年の刈取委託は30分だったしー。
(6条だか8条刈だったけどさ)

と~~~んでもなかった!!

所詮小さな2条刈なのである。

はざかけをしていた時だって、
2条刈のバインダーで刈り倒しには
午後一杯かかっていたではないか。

午後ずっと作業して、
とりあえず、1枚目が終わった。。。
少し慣れてきたつもりである。

すっご~疲れた・・・

明日はもっと上手にスマートに行こうと思う。
思うのは自由だ。

眠い、おやすみなさい。

コメント

ほぉぉぉ

なるほどーコンバインって刈って脱穀までしてくれるんですねー。
ライスセンターに行ってザザーって、、袋詰めにしなくていいんですか?
慣れない機械も最初は時間がかかりそうですね。
でも体の疲れが全然違うのでは、、、
なんか去年軽トラに米袋落ちそうなぐらい積んでましたよね。
次の田んぼ、がんばって!

お疲れさん

初日にしては順調だと思う!(写真まで撮ってブログアップまでしてるし)

一日目より二日目、二日目より三日目と
だんだんコツをつかんできます。


ただし、そのころには稲刈りは終わると思うが(笑


Re:ほぉぉぉ

ハチママさん、コメントありがとうございます。
近所の人は袋詰め用のコンバインを使っています。でも今から手に入れるなら絶対にタンク付きにした方がいいよって助言してくれました。結局、籾袋を運ぶのが年齢とともにきついらしいです。
身体の疲れもそうですが、私の場合は時間短縮が一番の利点です。

Re:お疲れさん

小作人^^さん、コメントありがとうございます。
ブログアップは農作業の失敗と反省の記録ですから。
確かに二日目はコツをつかんできた感がありました。
もはや一心同体です、終わっちゃったけど(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。