プロフィール

花豆餡子

Author:花豆餡子
***************
「食べることは生きること」
少しでも自給自足で、心身ともに健康な生活を求め、信州の山の麓で農業に辿り着きました。
古民家と田畑を借りて、荒れた家を修理しながら農作業に精を出し、おいしい米と野菜を作ろうと日々汗を流しています。
田舎の生活を自分感覚で愉しんでいる、自称、自由農業人。
物を作ることが大好き。
そして毎日ちっちゃなシアワセをかみしめながら、ほそぼそと生きているのであります。


カテゴリ


月別アーカイブ



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


降りそで降らない、でもときどきポツポツ
今日もどんよりした天気だった。




近所に畑を借りることにしました。
畑、というか、地目は田んぼです。
昨日、小さな菓子折を持って地主さんに挨拶に行ってきました。

去年の暮れに集落内の小説家さんから連絡がありまして、
今まで田んぼを借りていた人がもう作れないとのことで
返されてしまったので、地主さんが誰か作ってくれる人を見つけてくれと頼まれていたんだそうです。
上下2枚で1反程の小さい田なので、
近所で小回り利く人に・・・
あたしに作って欲しいというのです。

ぜひぜひって~(喜)
(小回りなんて利かないけどな)

で、あたしはもう田んぼは増やすつもりないので

畑として使いたいんだな~。
草にしちゃうかもよぉ~。
まさか小作料とるの~?

と、好き勝手な条件を出して承諾してもらいました。

借りようと思った決め手はですね、
トマトハウスへ行く途中にあるのです。
自分の毎日の行動範囲に田畑があるということはですよ、
草がイヤでも目に入るので草刈をきちんとする
ということになると思うんです。
うん、多分する、
きっとする、
するんじゃないかな・・・と思う。

それと、
田んぼなので、素晴しく平らです。
ここは山間なので、平らな土地は全て田んぼです。
畑はほぼ全てが傾斜地で、山裾にあります。
傾斜地の畑って結構大変なんだなー。
しかも、この田は角地にあるので、二辺が道路で作業もし易く、
田んぼなので水がすぐ手に入る。
さらに上の田は畑にしているので不要な水が入ってくることもない。

う~む、いい条件だ~。



しかし・・・立地条件はいいのだけれど

今まで作っていた人がほったらかし栽培だったようで
(あたしが言うなって言われそうだが 笑)
どこまでが畔だったのかわからんような畔草。



細かい不燃ゴミや畔シートの破片やらが散らかっていて、
去年作られていなかった下の田は一面緑化。



下畔は伸び放題で、下の田の地主さんが
「ひどいので、オラが自分で刈ったわい」と怒っていた。




先月、借りていた下集落の畑を草だらけにて返した私ですが、、、

どうやら

草畑を返して、草畑を借りた

ようです。

さらに、

鹿の通り道

という点まで同じである。


まぁ近くなっただけでもよしとしましょう!


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。