プロフィール

花豆餡子

Author:花豆餡子
***************
「食べることは生きること」
少しでも自給自足で、心身ともに健康な生活を求め、信州の山の麓で農業に辿り着きました。
古民家と田畑を借りて、荒れた家を修理しながら農作業に精を出し、おいしい米と野菜を作ろうと日々汗を流しています。
田舎の生活を自分感覚で愉しんでいる、自称、自由農業人。
物を作ることが大好き。
そして毎日ちっちゃなシアワセをかみしめながら、ほそぼそと生きているのであります。


カテゴリ


月別アーカイブ



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


晴れているけど小雪が舞散ってました。





夕暮れが本当に早くて、朝が遅い我が家は(?)
一日にちょっとの作業しか出来ないのであります。


一昨日は大根と人参を保存のために土中に埋めてました。
翌日は土がカチカチ。陽が昇るとドロドロ。
やっておいてよかったーっ!




毎日少しずつ薪作りもしています。
チェーンソーを使うまでもない微妙な太さの材木を処理中なので
丸ノコをツールスタンドに逆さに固定して切断。




肝心のトマトハウスの片付けが停滞・・・
巻き上げ用の直管パイプを準備しようとしたんだけど
草に覆われてしまって。。。
まずは周囲の草刈から。 トホホ 




そして今日は、鶏小屋のドア作り。
網をビスの頭に引っ掛けて張っていただけだったんだけど
これだと取外しが面倒くさいのでやっと作る気になりました。

小さな鶏小屋とは言え、扉なんて作るのは初めてです。
掃除がし易いように観音扉で、もちろん廃材で。
恐らく扉などの建具を自作するときには、留接ぎ、相欠きなどという従来の指物ならではの工法があるんでしょうが私にはそんな知識も技術もありません。
なので、フツーに4本の棒とビスで簡単な四角形 
・・・
簡単では無かった。

筋交を入れて何とかぐらつきを誤魔化す。
網を張って、買ってきた蝶番を取り付け。



設置をすると、今度は敷いた床板が微妙にぶつかったり。。。
何とかまぁ設置完了したときにはもう夕暮れだ。

不器用ですが作ることに没頭している時間は愉しいのであります。
次は鶏小屋の壁を! なぁんてわくわくしながら考え始めるのでした。

明日こそ・・・片づけを!
毎晩スケジュールを見直す日々です。

コメント

冬支度

まき割りも大変ですね、、
でも結構いい薪がありますね。それも廃材?

うまい具合に扉をつけましたね。
網だけで鶏姉さん、寒くないんですか?
以前あたしも本棚に扉をつけたんですが、結構むずかしい。
簡単にできると思っていたけど、やっぱりいろいろ
きちっと閉まらなかったりで、やっぱり大工さんって
すごいんだわ、、と思いました。
今もその本棚の隣でハチが暴れるとびゅ~んと扉が開きます。(笑)

Re:冬支度

ハチママさん、コメントありがとうございます。
この廃材ですが、雑木を縦半切りにして杭に使ったものだそうです。
よく乾燥されてるのでそのまま薪になり重宝してます。

寒いのでビニールのプチプチを張って、鍵代わりに閂もつけました。
既存の小屋に合う扉を一から作るって難しいもんだと思いました。大工の成せる技ですね。
これがうまくできたら何でも作れそうです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。