プロフィール

花豆餡子

Author:花豆餡子
***************
「食べることは生きること」
少しでも自給自足で、心身ともに健康な生活を求め、信州の山の麓で農業に辿り着きました。
古民家と田畑を借りて、荒れた家を修理しながら農作業に精を出し、おいしい米と野菜を作ろうと日々汗を流しています。
田舎の生活を自分感覚で愉しんでいる、自称、自由農業人。
物を作ることが大好き。
そして毎日ちっちゃなシアワセをかみしめながら、ほそぼそと生きているのであります。


カテゴリ


月別アーカイブ



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ハウスのトマト達がこんなに元気です。

140627_152924.jpg

・・・もちろん、うちのではありません。


金曜の午後、ミニトマト生産者を対象にした講習会と現地視察に行ってきました。これはそのとき視察したハウスです。
70代後半位のご夫婦二人だけで、ミニトマトと稲作を大規模にやっています。ミニトマトの話から経営の話までいろいろ話してくれました。小柄で細くて皺くちゃな爺さんなんだけど、何でも自分でやっちゃう百姓魂を感じましたね。

田植えでヒィヒィ言っているあたしとは大違いだわ~。



トマトも素晴しい生育ですが、ハウスの工夫がとても参考になりました。見学できて良かったです。

あたしも、頑張らなくっちゃ!! 
とこの日だけは強く思うのでした。


そうそう、そのとき配られた資料にね、年間平均気温、日照量、降水量が印刷されていましてね、具体的な数値を見て、寒冷地で農業していることを自覚したのであります。(笑)

私の住む地域の平均気温は、 10.6℃ 。(去年のデータ)

20℃を超える日は7月~9月初旬の約70日しかないのです。

夏が短かすぎるじゃないの!!

この短い夏に色々な夏野菜を育てて収穫しようとするのですから大変なわけだぁ。色んなことが出来ない自分に納得だわ。


周囲の年輩農業者の人と話をするとさ、昔の農家は貧しくて、その時代によって、お金になる生産物をいろいろ変えて頑張って来たんだってことをよく聞きます。
昔、60~70年くらい前?ここでは養蚕がとても盛んだったらしい。「お蚕さま」って呼ぶんですよ。
家の作りもね、西側に窓が一つも無い理由がお蚕様に西日を当てないためなんだって。
冬はお蚕様に一番暖かな部屋を与えて、人間は屋根裏や板敷の部屋で寝ていたって。
でもそれも、高度経済成長期にはお金にならなくて減衰して行き、施設野菜や高原野菜に切り替わったんだって。

畑の隅には蚕が好きな葉を調達するために桑の木があちこちに残っているし、
道具なんかもちょっと古い家には残っていたりして面白い。
つい先日、群馬の「富岡製糸場」が世界文化遺産に登録されたんだけど、農家の養蚕の話を聞くのも案外興味深いものです。


田んぼの真ん前のヒデちゃんちの畑に桑の木があるのを見っけ。



そして、桑の柔らかそうな葉っぱを頂戴する。

今夜のおかずは、桑の葉の天ぷら。



どんな味かと言うと・・・

んー、特に強調する風味はない。

ただね、 食べた後は気持がちょっぴり変わった気がする。



しいて言えば、、、



絹のキモチ...!?
↑本日のオチ、誰か座布団くれぃ(笑)


コメント

山田くん、座布団全部持ってきて~

トマトハウスの写真見て「わーさすが餡子さん、台所のリメイクの中
ちゃーんとトマト🍅も綺麗にやってるんだわぁー」と1秒だけ思いました。(笑)70歳後半でこれですか!すごいなぁ。
やっぱり信州は寒冷地なんですね。でも寒冷地にしかできないものも
あるのではないでしょうか、、。
へぇ、桑の葉なんて初めて見ました。食べれるんですねー。
餡子さん、なんでも食べるんだなーと感心。
でも将来石油の価格がもっと上がると、もう輸入ものには頼れなくなる
日が来ると思うので、いつかまた復活するかもー。
その時のために、蚕、飼っとく?

ハウス栽培

yutkaも写真を観て餡子さんのハウスって凄いなぁ~って思い・・
すぐにコケました。
どんどん農家の方々の平均年齢が上がっていますねぇ。
でも、年を重ね多分知恵があり、創意工夫しながら少しでも楽にって改善しながら、作物を作って居るのですね。
あと、40年くらい前は、親戚の家でもカイコをやっていてカイコが桑の葉を食べるのを見ていました。
新しい葉を食べているのを良くみていました。カイコが食べる音しかしない状態でした。
餡子さんの、ハウス、田んぼも早く食べ物でいっぱいの写真を・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:山田君、・・・

ハチママさん コメントありがとうございます。
「座布団全部持ってって~」じゃなくてよかったわ(笑)
昔の人って大根や野沢菜の漬物や醗酵食ばかり食べていたから長野県は日本一、世界一の長寿なのかななんて考えてしまいました。
蚕の中身のさなぎも佃煮にして食べていたようで、スーパーで売ってました。蜂の子とかざざ虫とか信州の名産(?)ですし、Hさんなんてスズメバチの幼虫を生で食べるんですよー。 よっぽど食べるものが無かったのかなぁとか思ってしまいます。
この、食への執着、見上げたもんです。

Re:ハウス栽培

yutakaさん コメントありがとうございます。
>年を重ね多分知恵があり、創意工夫しながら少しでも楽にって改善しながら・・・
本当にそう思います。
農家は一年にして成らず!? 継続は力なりですね。
>カイコが食べる音しかしない
大量の蚕たち・・・決して気持ちよいものではないんだろうけど、それがお金を持ってきてくれるのですからさまさまなんでしょうね。大変だったんだろーなーって思いました。

非公開コメントの返事

>非公開コメントさん
こんなくだらないブログにステキな言葉を頂きありがとうございます。
お金は確かに大切ですが、金がなければなにもできない生活はまっぴらごめんあそばせですよね。
楽しい、おいしい、心地よい、は自分で作るもの、頑張りましょう!!
返事が公開になってしまいすみません。

トマトの写真を5秒位凝視しながら「凄い!」と感動していただけに、これが餡子さんのトマトじゃないと知って餡子さんの後ろに背後霊のように立ちたくなりました…。

70歳超えて現役ファーマーなんて素晴らしい。しかも二人でこれだけ大規模に出来るなんて! 生き物(植物だって生き物ですよね)を扱う職業はゴマカシが効かないから、プロのファーマーは医者と同じ位偉いと思います。

ウチにも桑の木が3本あるけど、実は食べるけど葉っぱも食用になるの? 調べたら高血圧や高コレステロールに効くんだそうです。私じゃーん。でも天麩羅にして食べるとはどこにも載ってませんでしたよ。普通は乾燥させてお茶にして飲むみたいです。さすが餡子さん、やることがいつも斜め上にいってますね。

やっちゃんさん コメントありがとうございます。
私の周囲では、70過ぎて現役ファーマーが普通にいます。
60で会社を定年退職して、元気だし農地があるから年金もらいながら百姓をしているという裕福な人が多いです。
この見学に行った方は、昔からの百姓だそうですが、かなり儲けているらしく、孫に2台目の軽自動車を買ってあげたとか・・・金ズルにされてるって笑ってました。う~ん、あたしも孫になりた~い。
私、小規模なんですけど、ごまかしながらやってます。

やっちゃんさんは、高血圧、高コレステロールの持ち主ですか。
真夜中のアイスクリームは超危険ですね、ご自愛ください。
桑の葉の天ぷらは・・・昔TVでやってたのを見て真似たのです。あ、正直に言うと最後のオチもパクリです~。すみません。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。