プロフィール

花豆餡子

Author:花豆餡子
***************
「食べることは生きること」
少しでも自給自足で、心身ともに健康な生活を求め、信州の山の麓で農業に辿り着きました。
古民家と田畑を借りて、荒れた家を修理しながら農作業に精を出し、おいしい米と野菜を作ろうと日々汗を流しています。
田舎の生活を自分感覚で愉しんでいる、自称、自由農業人。
物を作ることが大好き。
そして毎日ちっちゃなシアワセをかみしめながら、ほそぼそと生きているのであります。


カテゴリ


月別アーカイブ



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先日、せっかく小布施へ行ったのに
目的のものを食べることができなくて、
それから・・・
連休中は小布施堂の「朱雀」が気になって気になってね(爆)
また行くのも面倒だしナー。
でも食べてみたいしナー。

ということで、作ってみました。




最寄のスーパーツルヤで小布施産の栗を買いました。
800gで \1,200 です。
小布施町の中心地で 1キロ¥1,800 していたからそんなに変わりないですね。
(そもそも滅多に買わないので相場がわからないのであった)

これを茹でて鬼皮、渋皮を剥き、
半分を栗餡(砂糖と水のみで)を作りました。



丸ごと3個の栗を栗餡で包みました。

残り半分は裏ごしをして、、、
餡の上に裏ごしした栗を素麺状にしてタラすんですけど・・・



栗100%はボソボソしているのでモンブランのマロンクリームのように絞ることはきっと無理でしょう。。。
製麺機でもあったらできるのかなぁ。。。

で、いろいろ考えた!
家にあるものを何とか駆使!



リフォームに使っているコーキングガン!!
これなら押し出すための圧力をかけれるに違いない。
そして、ゴミとして捨てようとしていたプラ容器!!
これをよーく洗って使うのです。



プラ容器のキャップに穴を空けて押し出しました。
途中で切れてしまうのでなかなか難しかったです。

やっと出来上がり!

小布施堂の「朱雀」 なんちゃって~



押し出し口を3.5ミリの穴にしてしまったので
素麺には程遠い、うどん状です(笑)

早速いただきました。
うどん状の栗は中の甘い栗餡と一緒に食べないとなかなか喉を通りません。そして、お茶で流す。



栗、栗、栗
これでもかっ、な点心でございます。



さて、この一品の原価をアバウトに計算してみたら
¥780 くらいになりました。
お店で食べると、¥1,000(税込、番茶付)
とのことなので、そんなに高くもないのかな、と思います。

しかしですね、、、
あたくし、
半分食べて、
飽きました...


茹でたての栗をスプーンでほじくって食べるのならいくらでも食べれるんですけどね。

本物「朱雀」もこんな感じなんだろうか・・・?
細かい素麺状だからもっと食べやすいのだろうか・・・?

う~む、ほんまもんはどんな食感なんだろうか?

本物を食べるまでは死ねませんね


 | ホーム | 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。