プロフィール

花豆餡子

Author:花豆餡子
***************
「食べることは生きること」
少しでも自給自足で、心身ともに健康な生活を求め、信州の山の麓で農業に辿り着きました。
古民家と田畑を借りて、荒れた家を修理しながら農作業に精を出し、おいしい米と野菜を作ろうと日々汗を流しています。
田舎の生活を自分感覚で愉しんでいる、自称、自由農業人。
物を作ることが大好き。
そして毎日ちっちゃなシアワセをかみしめながら、ほそぼそと生きているのであります。


カテゴリ


月別アーカイブ



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どんよりした天気が続いています。



田畑が乾きません。


今日も豆の記事です。

園芸ホームセンターである、「国華園」のチラシやパンフレットがよく送られてきます。
種や苗、球根や果樹苗などにいつも目を奪われまして。
さすが大阪の会社、あの手この手で
私の園芸魂をつつくんです。
今年も釣られました(笑)

イタリアのいんげん豆
ファイヤービーン

どんな豆だろうかと
購入してみました。

届いた種となる豆には薬剤らしきものが付着していて味見ができませんでした。残念。

5月に種を蒔きました。

ピンクの可憐な花が咲き



これは8月中旬の画像です。



下の方の葉っぱが散ってしまいましたが
既に実がぶら下がっています。



青い莢に濃いピンクの模様が入り混じってます。

いんげん豆というと、若莢もおいしいものが多いですけど、
色が入ってしまうと、ちょっと・・・
おいしそうに見えませんね。
食べるなら全体が青いうちです。
これ青い期間が短いです。

そしてぼちぼち収穫を始めました。
なかなか実の入り具合がいいです。



12~3ミリくらいの大きさの豆です。

早速茹でて、お決まりの甘煮にしてみました。



なかなか美味しかったです。
例えるならモロッコいんげん豆のような味です。

いんげん豆の莢を食べるのが好きな人、
豆を食べるのが好きな人、両方愉しむ人。
色んな楽しみ方がありますが、

わたしは

豆の柄を眺めるのが好きです。





 | ホーム | 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。