プロフィール

花豆餡子

Author:花豆餡子
***************
「食べることは生きること」
少しでも自給自足で、心身ともに健康な生活を求め、信州の山の麓で農業に辿り着きました。
古民家と田畑を借りて、荒れた家を修理しながら農作業に精を出し、おいしい米と野菜を作ろうと日々汗を流しています。
田舎の生活を自分感覚で愉しんでいる、自称、自由農業人。
物を作ることが大好き。
そして毎日ちっちゃなシアワセをかみしめながら、ほそぼそと生きているのであります。


カテゴリ


月別アーカイブ



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


寒暖差が激しいですが、毎日晴天が続きます。



朝から一日かけて
軽トラックの荷台に籾を入れる箱を作っていました。

コンバインはグレンタンクなので
籾を吐き出して、最寄のライスセンターまで運ばなくてはなりません。
軽トラックの荷台がダンプするので
細かい籾が漏れないように、
そして、籾は重いので、あおりの箱が開かないように、
ダンプをしたときに箱がバラけないよう、
内部の籾の圧力に耐えられる箱を作る必要があります。
箱は作業の後、分解可能でなければいけません。
・・・という仕様である。

いろいろ考えて、、、
昨夜、大型ホームセンターをうろついて・・・
おお!と閃きました。
これ、使えないかなぁ?



昔作った、コンパネ枠を流用するんですが、
壁面のコンパネが開かないようにこんな工夫をしています。



そして内圧に対する強度をつけるために
建築用の羽子板ボルトを6か所に取り付けてみました。



頂き物の綺麗な廃材と、安い建築金具を使って、
製作費は、¥1,188 な~り~。

結構な強度になったつもりである。
軽トラの最大積載量は350キロだけど
これで1トンはイケるぞ~。
(走れなくなるけど)

実際の運搬はコンバインのタンク2回分で600キロくらいを想定している。
多分この箱の半分くらいが埋るだろうと予測している。



籾を入れて運搬し、空けるときには
後ろを開くと一番下の押さえの板が外れ



開いた口から籾が流れ出す(はず!)
そして、軽トラックの荷台をゆっくりダンプすれば
中の籾がザザザ~~と流れる(はず!)




うまく動作するだろうか?
公道に籾をばら撒くという事態だけは避けたいものである。


夕方近く、家のすぐそばの田んぼで
練習を兼ねてコンバインの稼働確認をしてみました。

3畝未満の小さな田んぼ。
無肥料、無農薬、苗は事情によりほぼ1本植え。



最初は稲の上を踏んで進んでしまいました(笑)
脱穀のザザザーという音が聞こえない。
はてな?
そうかぁ・・・
稲は肥料不足で分けつが少ないので実の数も少ない。
刈り取っているのはほとんど草なのであった(爆)
練習するには条件が悪すぎ~。
そうして
角がきれいに刈れないなぁと旋回をしているうちに
終わってしまった。



マイ・コンバイン
楽しすぎる~~~♪


いよいよ明日は稲刈りだ。


 | ホーム | 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。