プロフィール

花豆餡子

Author:花豆餡子
***************
「食べることは生きること」
少しでも自給自足で、心身ともに健康な生活を求め、信州の山の麓で農業に辿り着きました。
古民家と田畑を借りて、荒れた家を修理しながら農作業に精を出し、おいしい米と野菜を作ろうと日々汗を流しています。
田舎の生活を自分感覚で愉しんでいる、自称、自由農業人。
物を作ることが大好き。
そして毎日ちっちゃなシアワセをかみしめながら、ほそぼそと生きているのであります。


カテゴリ


月別アーカイブ



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


4月末までにどーしても終わらせたい仕事を必死でしている。
・・・って、もう4月の最終日じゃないか!

で、やっぱりハウス屋根の上に居る。
天井峰の部分に防水防紫外線シートをビニペットで止めて
巻上げた天井ビニールを覆って護るという作業。
これをやらないと、ビニールがかなり傷むのである。
雨水が溜まって部分的に水風船になっていたり、
強風で動いて押さえの紐と擦れたり・・・



本当なら去年の暮れまでにやっておきたかったんだけど
雪が降り始めてしまい断念してしまった。
もうそろそろ、屋根ビニールを下ろして
定植の準備をしなければならないのであるが...
しかーし、これをやっておけば今年の冬は楽に違いない。



それにしても青空と風が気持ちいい~。


夕方から、草地化した下集落の山畑のハウス解体と資材の移動。
今は裏のオバちゃんちの小屋を借りて農機具を格納しているけれど、
以前はこのハウスが農機具置き場だったのです。
そして、初めて自分で作ったハウスなのでした。



この草畑・・・綺麗にして返したいと考えてます。
(本当かなぁ 笑)

陽が暮れてからは、育苗ハウスの中で灯りを点けて
最後に種を蒔いたミニトマトの苗をポット移植。


う・・・、4月末までになんて終わらない...




祝日で晴天で行楽日和です。



早朝の微風のうちに、昨日刈った草を燃やす。



田んぼの中のゴミを拾い集めてました。
ポイ捨てなのか、借りていた人が捨てたのかわかりませんが
デミタスの缶コーヒーばかり出てきました。
犯人は同一人物と推測されます(笑)



畔シートを抑えていたと思われる竹が散っている。。。
畔は除草のためなのか、ビニールマルチが張ってありまして
年数が経過して土に埋まっているようだ。
草が生えているので草刈機で刈ると
土を擦ってしまったときに埋っていた古マルチが切れて飛び散るんだな。
風で隣の田へ飛んでいくので拾い集める。

そして、トラクターで耕しました。
普通、田畑を返すときは元の状態にして返すもんでは・・・
ここ、稲刈りしたまんまです。
(あまり他人のことは強く言えない自分ですが・・・ 笑)

畔際ではロータリーに何か絡まる・・・
なんだこの布きれは?
除草シートの破片のようだ・・・




下の田は昨年は何も作られていなかったので
2年もののスズメノテッポウが一面に生え、
土がカチカチでした。

PTO1と2で2回ほど起こしたんですが
少しは畑っぽくなったかな?







裏庭の芝桜がきれいです。
ここ数年全く手入れしていないのに。
紅や紫の花は絶えてしまいました。
原種の白い花が強いんだそうです。
(裏のオバちゃんが言っていた)


水稲プール苗は芽がツンツンしてきました。




今日は田んぼをトラクターで耕耘作業。



乾いているので土埃がすごい。




夕方からは、畑として借りる近所の田の畔草刈り。




もう鼻の中真っ黒~。
毎日、風呂で手鼻かんじゃいます。

おぉ、今日はこんなに黒いのが出た!

日々、オッサン化している自分に気が付く。




頂いた苗付さつまいもの芽が日増しに成長しています。
やはり、暖かい地方の植物なんだなぁとしみじみ思う。



直売所で買った 5個¥80 の里芋も芽が出てきました。



一方、直売所で買ったサツマイモは変化なし・・・
食っちまうぞ~。。


M美さんが来て私の育苗ハウス内のレベルをとってくれました。

水稲苗のプールを作ったはいいけど、
均しが適当すぎて水の深さが10センチも違った。
16メートルのハウスでいちいち水平器なんて使ってらんないし、
何かいい方法はないかしら?
と話をしていたら、仕事で使うレベラーで測ってあげるよ、
5分もかからないよー。
とのことで来てくれたのでした。
さすがドボジョ~!!



三脚を立てて、そのレベラーとやらを設置。



私は、目盛の付いた紅白の棒を持たされてハウスの四隅に。
横の傾斜は5センチ、
縦の傾斜はやはり10センチありました。
低い入口を基準にして両サイドのパイプ6か所に
マジックで印をつけて作業完了。
確かに5分だった。

この印で水糸を張って土を均せばいいわけですね。

ま、来年の作業なんですけどね。

いつも頼りになるM美さん、
彼女に「やりたいこと」を語ると実現への道が見えてくるから不思議だ。




晴天の日曜日。



いちにち集落の作業でした。



午前中は川ざらい。
散りゆく桜の花びらで側溝がいっぱいだ。




午後は総会。
めんどくさ~。
役員だから出なきゃな~。

あ、でもその後の懇親会で飲めるわ~♪

暑かったので遠慮なく・・・何杯も。
気が利かないあたしはお酌される方が多い(笑)



くわぁ~
暑かったのでビールがたまらんです。



♪ きょ~もいい天気~ ♪

チューリップがやっと咲きました。




ミョウガがヤバイっすよ。
掘り起こしてコンテナに入れたまんまハウス内で放置してたら
乾いて萎びてしまいました。



「ミョウガの根は乾燥し易いので
すぐに植えつけましょう!」


って、家庭菜園の本に書いてあったわ。
時既に遅し。
植付予定地の準備も出来ていない。
とりあえず、
上から土を入れ、水をぶっかけて日除けで復活
・・・しないかな・・・?
その間に、畑の準備をしておこう。


ジャガイモの芽が出る前に
鹿避けをこしらえました。

廃材の棒を斧で削って杭にし、



打ち込んで、ワイヤーをかけて網を張る。



半日かかった。
あぁ、こんなちっちゃな畑なのに
全面囲わなきゃならないなんて・・・

あまりにも虚しすぎる・・・



ご近所さんから、立派な初物うどを頂きました。



あたしんちのうどちゃんはどうしているかな・・・?



もうちょい先だ。

今夜は、うどの肉巻きです。



ごちそーさまでした。



今日も晴天。暖かいを越して暑かったです。



公民館の桜が散り始めています。




周囲の田んぼはこの週末が苗代ピークのようで、水が入り始めました。
カエルの鳴声が常時聞こえます。



私の育苗ハウスにもだいぶ前から住み始めています。
かわいいんだけど・・
カエルがいると、
やがて、
やつが現れる...

ウォッ、出た~ッ!!



ビニールの隙間から
コニャニャチワ!!(←死語?)

物音がしない上に袋や箱の影にいるのでびっくりします。
おまけに土色だ。
そして、
出てってくれないので




今日は以前から欲しいと思っていた素晴らしい
古い道具を頂戴したのである。

ザ・唐箕!!(もちろん手動)



先日手に入れた、足踏脱穀機で穀物を脱穀した後、
この唐箕で風選すれば、穀物、粃、葉屑に選別できる。
古い機械だけど、農機具屋さんへ行けば、
今でも電動の唐箕が売っているよね。
ハーベスターの中身もこれと似たようなものだし、
仕組みは今でも健在ってことなのね。
この木製で手動の機械は、昭和13年生まれです。
まだまだ現役です。
小麦と豆類を選別するのに大活躍しそうだ。
う~ん、使うのが楽しみだ~。

そして、

種蒔き機



これもかなり古そうだけど、まだまだ使える。
窪みを作って、種を蒔き、土を被せて、鎮圧までしてくれる。
私は押して歩くだけですね。
種蒔きが好きになるかも~。

大切に使わせていただきます。



願っていれば手に入るものなんだね。


願っても手に入らないのは  だけだな。




昨日やって来た鶏の様子を伺いながら
作業をしています。

午前中に餌やりをして暫くすると

おっ!



おおっ!



おおお~っ!



3羽とも産んでくれました。

しかし、
卵はとても嬉しいのですが・・・

この3羽、とても仲が悪いのである!!

白い鶏が2羽に苛められて始終怯えモード。
餌もろくに食べれません。
産卵箱の中や小屋の隅で俯いてじぃ~っとしているんです。
可愛そうなので、小屋から出して、裏返しした収穫コンテナに隔離させました。
隔離した途端、コンテナの中で ブリッ!と。(笑)

更に、小屋に残った2羽のうちの片方が
ヒマさえあればもう片方の頭を突くのです。
逃げ回るうちに水の容器を何度も何度もひっくり返すのである。
なので、小屋の中に仕切りを立ててしまいました。



前回のポリスブラウン(?)は人懐っこくて仲良しだったのにな~
(↑遠い目)

こいつら、こんな苛めっこだから廃鶏にされたんだな。

こんな時はどうすればよいのでしょうか?
対策があったら何方か教えてください。



今日は、籾蒔きをした苗箱をプールに浮かべました。



ハウスがやや傾斜気味なので、簡単に均したつもりが
端と端の高低差が10センチもあって大変でした。
プールに敷く長いビニールがなかったのでボロ2枚を重ねています。
隙間から水がチョロチョロ漏れちゃってます。
来年は長い1枚ものを準備しておこう。

苗箱を浮かべるために発砲スチロール状の筏板を使うのですが、




必要枚数をすべて買う心とお金の余裕がありません。
そこで、閃きました。
去年、ある花農家の廃棄処分品からもらった、
どこから見ても始末に困る大きなゴミ。
家の床リフォームに使えるかなと思ってもらったのでした。



密度や固さは異なれど、発砲スチロールで厚さも同じくらい。
これを同じサイズにカットして使ってみたのである。
浮き具合もいい感じです。

明日から毎日マメに水管理をします。
管理は田んぼの苗代とかわりませんね。

しっかり育っておくれよ。






突然、電話が来ました。

「新しい鶏舎は出来てるかぁ?」

うっ・・・
まだ予定地を草刈しただけで何もしていない・・・


そして、午後にやって来たんです。
まだ卵を産めるのに廃鶏にされちゃったらしい鶏さんが。

前回頂いた2羽ともやられちゃって、
残念がっていたあたしに再び都合してくれました。

何て有難いことでしょう...
持つべきものは、コネですね。(笑)

今度は雌鶏3羽。



元気そうな白黒マダラが2羽。
(プリマスロックという種類かなぁ?)
か細くおどおどした白いの1羽。
(種類は全くわからない)

ひとまず旧舎に入れて生活してもらう。
ちょっと3羽は狭そうだ。
早く新鶏舎と運動場を作ってあげねば。

もう獣の餌食にはさせないぞ。

最後はあたしが食べるんだから!





桜の名所めぐりをしたいな~。
毎年この時季は、桜が散るまでにやっておきたいことが
沢山あってそれどころじゃないのが悲しい。



鹿に喰われた小麦が復活してきました。


昨日の午後から水稲籾蒔きをしている。



みのる成苗用の箱を使ってます。
培土は少なくてすむけど、底がありません。

水分不足の培土を詰めて水が浸み込むと
詰めた土が落ちてこんな風になったりします。
こうなると植えるときに欠株になります。



根張りが良くていい苗ができるそうですが
とても気を使う苗箱です。



苗代予定地だった小さな田んぼには既に鹿の足跡。トホホ・・・

この田んを借りるのは今年いっぱいです。
なので、水稲苗づくりをビニールハウスの中ですることにしました。
「プール筏育苗」ってやつです。
ハウスの中なので天候に左右されずに準備作業が出来て、
あたしの大キライな根切り作業がグンと楽になる予定です。



裏のオバちゃんの崩れた小屋廃材から角材を拾って釘抜きをして
プールの土手にします。
そして、捨てる寸前のビニールを重ねて敷く。



山からはこんこんと水が流れているので、これを溜めてプールを作るのです。




うまくいくかな?ちょっと緊張してます。




朝は霜だった。



日中は暖かく晴天です。




近所の桜が咲き出したようなのでちょこっとだけ見に行ってきました。




お寺のしだれ桜は長く咲いてます。


目指すは下の集落の山道にある桜並木。



夜間に灯すライトが既にぶらさがっていますね。



7分咲きくらい?ですね。



蓼科山もよく見えました。


桜を見ながらずんずん登って行きます。


ずんずん。


ずんずん。



例の乳房桜も咲き出したかしら・・・?



ぷぷっ、相変わらず、嘘っぱちな看板(笑)

な、

な、

なんだぁ~~~!!!





だれだぁ~~~、こんないたずらしたのは~~~(爆)





この爆乳に合うブラを持っていた人も相当なバディだ。




でも、ちょっとセクシーだったりして。。。





素晴しい青空です。



何だかあたし、仕事もちゃんとしちゃってます。


今日は、ジャガイモの植え付けをしました。



種イモは去年の芋です。
芽が出る前に、鹿避けを作らなければいけません。
めんどくせー。

そーいえば、今日の町内有線放送で、
隣地区に猪が出た と言っていました。

ついに・・・

繁殖してわが集落の山に定住するのも時間の問題だな。
猪は簡素な網では防げないので防御が大変らしい。
あーあ。

でも肉は鹿よりおいしいんだよね。。。


最近、他人の畑の玉ねぎの成長具合が気になって仕方ないです。



どこの家の畑も、玉ねぎ苗が生き生きしているのに
うちのはポシャりましてん。

あたしの玉ねぎ、知りませんか?



鎮圧が緩かったのかなぁ。
凍み上がって7割程お亡くなりになりました。



ち~ん!

そして、アーティチョークもいなくなった。



周囲に藁を沢山積んであげたのに越冬できなくて、
デロデロになってました。
ハウスの中に植えたのもだめやった。。。
軟弱なやつめ





朝からあいにくの雨であります。



祭事のため、昼から公民館へ。

供え物の準備(というほどではないが)をします。



神主さんがカセットデッキから雅楽(?)を鳴らし、
皆がそれぞれ供え物を持って一列に並んで神社へ行くのです。
プォ~~~~~~~♪
(↑東儀秀樹さんの笛みたいな音)

並びにも順番があるらしくて、
あたしは米係り、供え物の先頭を歩きました。

煩いことは言われませんが、いろいろ細かいしきたりがあるらしいです。
参道の真ん中は神様が通るので、隅を歩くとか、
脱いだ靴は神様に尻を向けないように爪先を向けてそろえるとか。
えっ?それってもしかして常識だったの?



本殿の中にゴザを敷いて、我々は立ったまま儀式は進行。
これがまた寒いのです。
毛糸の靴下を履いてきてよかった・・・

少し神聖な気持ちで神主さんの発する言葉に耳を傾けました。

昨日掃除をしておいた御神体が入っている扉を開ける、
という儀式があるんですが

ホォォォォォォォォォォォォォォ~!

と叫びながら開けるのです。
詳しいことは知りませんが、ちゃんと意味があるのでしょう。
でも昨日、区長がマネしてました(爆)

一人ずつ順番に玉串を捧げて二杯二拍手一拝。
ちょっと緊張しますね。

ここに来なければ、こんなことは一生経験しないことかもしれません。
実はあたし、これで5回目の祭事参加です。
もうなれたもんです。
最初は神主さんの唱える祝詞(のりと)も何言っているのか
さっぱりわかりませんでしたが、今日は落ち着いて聞けました。

ところで、この祝詞も神主さんによって各々違うんだそうだ。
「ヤツガタケ~」とか「アサマ~」、
「ヤマトタケルノミコト~」
いろんな単語が入ってました。
ミノリタマエ・・・
カナエタマエ・・・
うんたらかんたら~
(↑記憶力ないので思い出せない)

とりあえず、五穀豊穣を祈るための言霊であるようです。



そして、
最後は公民館に戻って

仕出弁当と酒であ~る♪

昼間から堂々と近所で酒が飲めるというね

あたしにしては滅多にない嬉しい催しなのですわ。

神主さんは少し食べた後、下の集落の祭事をしに行きました。

去った後、貧乏集落の我々役員は金の話になりました。

「これで神主さんには幾ら払ったんだぃ?」
「そ~か、税金もとられない神主ってしいい収入になるよな」
「でも有名な神社ならともかく、この仕事だけじゃ食えないらしいぜ」
「普段は仕事してるってさ」
「じゃぁ副業なんだ、いい副業だな」

「おぃ、うちらは車代渡しているけどよ、
 上の集落も、下の集落も、出してねェんだとよ」
「えーどういうこったい」
「誰が区長のときから払ってるんだよ」
「次回から千円ずつ減らして行くか?」

言いたい放題ですね。




今日がビール日和でなくて残念でしたが
なかなか面白い飲み会でした。

いや、祭り事でした。





朝6時ちょっと前に神社へ。



まだ霜があります。



明日は区の春祭りなので神社の掃除に来ました。
今年もそんな時季なんですね。
この祭りが終わると籾蒔きですな。

一の鳥居をくぐって



二の鳥居をくぐると



はぁはぁ・・・息切れがする

石段を上っただけなのに。



全員で掃除と支度。
あたしは本殿の中の掃き拭き掃除である。

明日は、神主さんを呼んで、区長、副区長、班長だけでの祭儀です。
いつもなら、掃除はこれだけで終わるんですが、
今年の区長、副区長はとても熱意のある方々で(笑)
この後、9時から役員だけで、社殿周りの雑木整備をするんだそうです。

ということで、再び神社へ。

本殿の中の御神体が祭られている扉を開け、
中を掃除しています。



祭儀の最中に、神主さんが扉を開けるのですが、
怪しい鳴声や虫がいたりするので掃除をするようにと言われたらしいです。

御神体、見たい?
見たいよねぇ。




ふ~~~ん、
鏡が青銅土器のようになっちゃってますね(爆)

そして、周囲の木の伐採作業。
高枝切鋸で鳥居の上の鬱蒼とした檜の枝を・・・
「おぃ、背ェ高ェんだから切ってくれ!」
「もっと枝の根元を切れ!林業のキホンだぜ!」
と言われて、あたし、3Mのノコを操ってギコギコ・・・



他の人は何しているのかというと、、、

邪魔な太木をチェーンソーで伐採してたり



本殿の裏の内屋根の修理をしてたり



脚立に乗って、隣の拝殿(?)の屋根の上を掃除



く、区長~、雨樋から草が垂れてますぅ~(爆)




この神社、想像以上に朽ちてました。
しかし、貧乏集落なので、あちこち修繕する費用もありません。
せっかく代々続いている神社です。
神様とか宗教にもまるで興味のないあたしですが、
集落がある限り朽ちながらでも続いて欲しいなと。。。



苔生した石畳を見ながら思うのでありました。




雨がしっかり降りました。
やがて、外は一面が草緑になることでしょう。

今年の草もちの材料はこの一株に決定。
もう少し成長させて使います。




今朝、育苗中の苗のビニールを外してみたら、

ありゃりゃ~!!

発芽しかけた種を食べられてしまいました。

ゴーヤは中身を取り出して食べたらしい。



モロッコはぐちゃぐちゃ。
さぞおいしかったことでしょう。



スナップえんどう、スイカまでも。
大事なトマトは好みでないらしく無事だった。(ホッ)

まだ種蒔の段階だというのに、もー!!
定植すれば鹿にやられ、
実をつければ別な獣にやられ、
何て外敵が多いんでしょう・・・

ああ、前途多難だ・・・



家の中では、まだ甘酒が続いてます。
4日前に作った冷めた甘酒をペットボトルに入れ
パン用のドライイーストをちょこっと混ぜてみました。



室内気温10度前後なんですが、
ゆっくりと、シュワシュワ~♪ してきました。



発泡甘酒の出来上がり。




カルピスソーダみたいでおいしいよ。




外は寒風でもハウスの中は気怠い暖かさです。
草取りをしているだけで
ヨトウ虫の幼虫がウヨウヨ出てきます。



雪がゆっくり融けた後というのは大変です。
アスファルトやコンクリ地が一切無い我が家なので、
車の出し入れをすれば緩い地面がえぐり返るんだな。



なので、砂利を敷くことにしました。
本当なら、砕石とか砂なんかを使うんだろうけど、
そんなもんは買わんよ。



使うのは畑から出た石です。
ちょっと丸こいのが難点ですが、隙間は小石で埋めようと思います。
そのうち再びエグレるのでどんどん入れて固めて行くのです。

石ならなんぼでもあるやさかいな!



日々の虚しいだけだった石拾いが無駄にならなくて
拾石の使い道にひとり大満足。



今年は久しぶりにサツマイモの苗作りをしようと考えています。
相変わらずサツマイモの越冬が出来ない寒い我が家なので
収穫した芋は去年のうちに残らず食べきってしまいました。

一昨日、直売所でベニアズマと思われる食用の小さい芋に遭遇。
苗作りに使えないか・・・?
苗としてみると¥120は激安 。
ついでに、¥80 の里芋も。
更に、昨日は、T美さんが暖かい家の中で越冬させた
ベニハルカを分けてくれました。
すごい、もう新芽が出てる!!
これは苗づくりを成功させなくてはいけませんね。



ということで、第二の主食である、さつまいもの苗づくりを始めました。




今年の秋もおいしい焼き芋食べれますように~!




朝起きてカーテンを開けたら外は雪景色。



積雪5センチ、昼過ぎまで降ってました。




やっと湿り気と言えるお湿りが来た感じですが・・・

あ~、
田んぼ起こしておけばよかった~。



あ~、
陽がささないとと何もする気が起きない~。



寒いので薪ストーブを焚いて



去年作った大量の落花生を



ローストし、ん・・いい匂い



最近手に入れたパーコレータで珈琲を淹れて、あぁ・・いい香り



ムシャムシャ食べながら殻むきしてました。



保存瓶に入れて、
ピーナッツバターを作ったり、
バジルの葉っぱが生えてきたらジェノベーゼにしましょう。







霧の朝でした。



このところ、雨のち曇り予報なんですが
雨らしい雨も降らず、どんよりした日が続いています。


ウルイの芽が出てきましたね。



8年前にほんの小さな株を植えただけですが
年々拡大し、今や株全体は径80センチを超えまして、
前栽畑の一番良い場所を陣取っています。
花が好きなので生やしているんだけど・・・
スコップで切込をして、道路際へ引っ越しました。


午前中からエンジンものの作業です。

下手くそながらも目立てをしつつ
チェーンソーで梅の薪木の玉切り。
薪作業は案外重労働ですね、ヤレヤレです。

そして、刈払機で山際の棚地を草刈。



通称「鹿通り」(苦笑)
ここにミョウガを植えようと計画しています。

草刈開始10分で溜息...
枯れているけど長くて柔らかいのですぐに絡まる。
そして、ここにもニセアカシアの若木が乱立している。
2年放置しただけで鋸がないと切れない程の太さになるんですから。
恐ろしいですねぇ。




下の棚の草刈中にふと花を付けた木が目に入った。
ここに花が咲いているなんて初めてである。



あ、梅の花だ、小梅だ!

大家さんが言っていた、「昔は梅の木が沢山あって・・・」
は本当だったんだー。

切られた後、細い小枝が生え、
今年めでたく花が咲いたようです。
何年かかったのだろう?




なんだか力が湧いてきます。




降りそで降らない、でもときどきポツポツ
今日もどんよりした天気だった。




近所に畑を借りることにしました。
畑、というか、地目は田んぼです。
昨日、小さな菓子折を持って地主さんに挨拶に行ってきました。

去年の暮れに集落内の小説家さんから連絡がありまして、
今まで田んぼを借りていた人がもう作れないとのことで
返されてしまったので、地主さんが誰か作ってくれる人を見つけてくれと頼まれていたんだそうです。
上下2枚で1反程の小さい田なので、
近所で小回り利く人に・・・
あたしに作って欲しいというのです。

ぜひぜひって~(喜)
(小回りなんて利かないけどな)

で、あたしはもう田んぼは増やすつもりないので

畑として使いたいんだな~。
草にしちゃうかもよぉ~。
まさか小作料とるの~?

と、好き勝手な条件を出して承諾してもらいました。

借りようと思った決め手はですね、
トマトハウスへ行く途中にあるのです。
自分の毎日の行動範囲に田畑があるということはですよ、
草がイヤでも目に入るので草刈をきちんとする
ということになると思うんです。
うん、多分する、
きっとする、
するんじゃないかな・・・と思う。

それと、
田んぼなので、素晴しく平らです。
ここは山間なので、平らな土地は全て田んぼです。
畑はほぼ全てが傾斜地で、山裾にあります。
傾斜地の畑って結構大変なんだなー。
しかも、この田は角地にあるので、二辺が道路で作業もし易く、
田んぼなので水がすぐ手に入る。
さらに上の田は畑にしているので不要な水が入ってくることもない。

う~む、いい条件だ~。



しかし・・・立地条件はいいのだけれど

今まで作っていた人がほったらかし栽培だったようで
(あたしが言うなって言われそうだが 笑)
どこまでが畔だったのかわからんような畔草。



細かい不燃ゴミや畔シートの破片やらが散らかっていて、
去年作られていなかった下の田は一面緑化。



下畔は伸び放題で、下の田の地主さんが
「ひどいので、オラが自分で刈ったわい」と怒っていた。




先月、借りていた下集落の畑を草だらけにて返した私ですが、、、

どうやら

草畑を返して、草畑を借りた

ようです。

さらに、

鹿の通り道

という点まで同じである。


まぁ近くなっただけでもよしとしましょう!




小雨降る肌寒い朝です。



毎朝の日課
育苗ハウスへ行き、野菜苗に被せたビニールを外し
毎日少しずつ成長する苗を眺める。



朝食前の心穏やかな時間なのである。



そして外へ出て気が付いた。

ん?


んん?


んんん?




何かが違うぞ。
昨日まで見ていた畑の景色と違う。


あ・・・



うぅ、やられたぁ・・・





見事な全株制覇。。。
↑鹿

喪失状態で立尽す。。。
↑あたし




あたいのビール(麦)をかえせ~



天気は下り坂のようですが青空です。
湿度が40%前後で、乾燥注意報が出ています。

我家の周囲でもやっと咲き出しましたよ。



周囲の雑木を切ってあげた大梅の木。





水仙もやっと。


田んぼの準備もぼちぼち開始。
まずは、種籾を温湯種子消毒して、水に浸漬させました。



我家の水道水は10~12℃なので7~8日浸してから催芽させます。

その間に、物置化した育苗ハウスを片付けて、種蒔準備をし、
苗間にする田んぼも準備しておかねばっっっ。

やることいっぱいだ~。





我家の最低気温が10℃を超えましたよ。
日に日に暖かさと朝晩の寒暖差が激しくなっていきます。



目覚めたばかり?のカエルが山から流れる水辺でボ~っとしています。

4月のスタートです!
農家の春作業なんて既に開始しているので
4月1日になったからといって別に何よ~です。
いつもならね。

ところが!
「今日から新年度」を痛く感じている私です。

何たって、我家の風呂(近場の温泉)が一斉値上げしたんですから。

¥400 が ¥500 になってしまいました。

いっ、1.25倍増しではないですか!

去年の消費税0.8%にも動じなかったあたくしですが
これには打撃を受けています。

得だ得だ!とウホウホ言っていた「共通入浴券」が
¥10,000 で30回入れたのに、25回分に縮小されてしまいました。
(新料金から計算すれば、これはこれでお得ではありますが)

あぁ・・・痛いわぁ


そして、数年前にやったばかりの区の役員(伍長)が、
件数少ないためにまた回ってきました。
役員会や区費徴収、配り物など面倒くさいなぁと思いながら
回覧板を出しに隣のおばちゃんの家へ。
余談ですが、なぜかいつも小さな菓子をくれるんです(微笑)



おばちゃんのあたしがおばちゃんに菓子をもらって帰るんです(笑)


 | ホーム | 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。