プロフィール

花豆餡子

Author:花豆餡子
***************
「食べることは生きること」
少しでも自給自足で、心身ともに健康な生活を求め、信州の山の麓で農業に辿り着きました。
古民家と田畑を借りて、荒れた家を修理しながら農作業に精を出し、おいしい米と野菜を作ろうと日々汗を流しています。
田舎の生活を自分感覚で愉しんでいる、自称、自由農業人。
物を作ることが大好き。
そして毎日ちっちゃなシアワセをかみしめながら、ほそぼそと生きているのであります。


カテゴリ


月別アーカイブ



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日中は暖かい一日でした。
前栽畑の雪も見事に消えパン用小麦がそろって出現。



一見茶色いんですが近づいてよく見ると紫色です。
耐寒性とはいえ、全然緑色でないんですが大丈夫でしょうか。


さて、大晦日になりました。
クリスマスに作ろうと考えていたサワードゥのパンを作ってみましたよ。
サワードゥという酸味のあるパンを食べたことの無いあたしに
インスタントのミックス粉が本場アメリカ西部から届いたのであります。



パンのようにコネなくていいらしいです。
ぬるま湯とイーストを加えてひとまとめにし蓋をして2時間放置すると
発酵して1.5倍に膨らむらしい。

様子を見ながら放置しましたが、

2時間どころか一晩放置しても全く変化しませんでした(汗)

やっぱり寒冷地の我が家では通常の手順が通用しないようです。
薪ストーブの熱源を利用しやっと膨らみました。
更にオーブンシートに乗せて40分。



もったりしたパンぽくなってきましたよ。

初めてのサワードゥが焼き上がりました。



ちょっとぉ!いい感じだわ~♪

あたしの好きなハード系のパンですね。
で、そのお味は・・・

パンなのに、ちぃとスッパイ~!!(爆)

こ、これは、あたしがかつて自家製酵母で作った失敗パンと同じ酸味がするではないですか。
なるほどー。
こういう味だったんですね。
うんうん、ひとり納得。

肉汁したたるステーキと、赤ワインとともに食べたくなるパンだな。
ボジョレーVとスモークチーズでおいしく頂きました。

ごちそうさまでした。




今年もいろんな方に助けられ応援していただきまして
ありがとうございました。
何とか生き延びていることに感謝です。





朝から霧がすごくて白夜のようです。
(白夜の国に行ったことないけど)



向かいの山も見えません。



これは気温が高くなるってことなんでしょうか。


ところで最近、こんな会話をすることが多いです。

「 もちはついたかぁ? 」
「 もち? まだ脱穀してないよ! 」
「 ・・・ 」
←返す言葉もないらしい


そうなの。
まだハウスの中に吊るしっぱなしなの。

てことで、ハーベスターの掃除をして、
もち米の脱穀をしました。



収穫量は例年の半分しかなかった。

無肥料、無農薬、自然栽培(放置とも言う)
おまけに乾燥しすぎかもしれない。
というね、ある意味とても貴重というか、
ど~でもいいやんというか
そういう、マイもち米であります。

早速、精米をしに行って元旦用にもちをつこう!

ところが、
ご近所様からもちが届いた。



断る術もなく置いて行かれた。。。
あの家のもちは結構おいしいんだよな・・・

ん・・・

まずは、頂いたもちを食べるとするか(笑)



あ~また積雪ですね。



ここは北国だったんだねぇ~。



残る年内は晴れて気温が下がる晩がなさそうなので仕事もお休みです。
今年はカラッとした星の凍みる晩が少なくて仕事になりませんでした。

こリぁ自分のやりかけの作業をやるしかねぇな。

やりかけの作業・・・

今年の春から準備していたトマトハウスの天井ビニールの巻き上げ。





やっと完了。

雪が心配なだけではないのです。
天井ビニールを張りっぱなしにしていると、
土が乾き敷き藁やボカシなどの有機物が分解してくれないのである。

来年の夏はこの巻き上げ機能を使って、天井付近に溜まった熱を逃し
トマトの高温障害も防げるかなぁと、
色んな良い夢を見ているのである。

来年への夢と希望に燃えているのであります。

  



少し積雪がありました。





朝の味噌汁の具はもちろん水切りした豆腐(切れ端)です。




貴重な現金稼ぎの仕事がお休みデス。
不意に休みになってもなぁ。。。

何もする気にならず、朝から炬燵でゴロゴロ。

山梨から小包が届いた。

わぁお♪



飼鶏の卵と地元フルーツで作ったこだわりのケーキ、
庭でとれたという立派な菓子胡桃に、
うちのとはケタ違いに大きくて甘く柔らかい干柿がたくさん。

ごちそうさまです。
おいしく頂きました。
やっぱり手作りのものは格別な味です。


庭に果物や木の実が生っているっていいなぁ。




今朝は冬季の初仕事。
夜明け前に起きて、夜明け直後に出勤なのです。
寒波が去ってから天候が安定しなくて
年内は凍豆腐作りができないかもと皆心配していました。



途中の山道からいつも見える朝焼けが好きです。

肉体労働者、頑張ります(笑)


そして、楽しみは午後のお茶タイム。
誰かが手土産で持ってきた栗きんつばと胡桃もちを頂きました。



雑談も甘い菓子があってこそ充実するのであります。
このお茶の時間が大好きです(笑)。

おっちゃん達と過ごすイブズラ~(爆)


この冬初の生湯葉もちゃっかり頂き、あんかけにして食べました。



正月料理のようだわ。




晴れが続いて畑の雪もかなり融けました。



相変わらずぐちゃぐちゃですが
でも、よーく見ると、

はっ、発芽しているではありませんか(喜)



驚きです。日中の最高気温が2~3℃なのに。
麦踏みもできない状態だし、
これからもっと凍みるのに大丈夫なのかなぁ。




雪が降ったり、風が強かったりして
トマトハウスの屋根を巻き上げるチャンスがなかなかありません。
そのうち大雪でも降るんではないかと
ちょっと焦り気味です。




最低気温-12℃、最低気温更新中。



クリスマスの飾りをしなくても勝手に窓霜がつくのであります(笑)

朝7時、-9℃。
外へ出て、思い切り深呼吸して
鼻毛ちゃんに霜がつくのを楽しむ(爆)

朝から素晴らしい晴天だ~。



しかし、積もった雪はじぇんじぇん融ける気配もない。



犬の散歩以外に出歩く人もなく、

ただあるのは小型獣の足跡だけである。



凍った側溝を歩くのは狸だろうか・・・?
畑の上にある大きな足跡は・・・鹿か?



カマキリ予報第2弾。
ハウスの妻面、側面、あちこちに卵があって、全部高い位置だった。





今年の春に建てた育苗ハウスの屋根ビニールを巻き上げました。



このハウスはすぐ南隣に隣家の作業小屋があるので半分日陰になり、
雪が融けにくい場所なのである。
ここはこれでひと安心。。。

相変わらず亀の歩みのようですが毎日少しずつ冬支度をしています。


そして、毎日家の中か近くにいるので薪ストーブは焚きっぱなし。
いつの間にか煮えあがるのです。

甘いおやつ



こちらは兎の駆け足で脂肪を溜め込んでます。

食っては寝るが愉しい冬。






あ~~~。
積もったのね~~~。



全国的な大寒波らしいですね。

先週末の雪が融けきらないうちに昨日の昼前から降雪。



そんな昨日、雪が降り出したけど、
私は標高1300mの高原を超え、山梨県へ行ってきたのだ。

以前から見たいと思っていた同じ新規就農者
H口さんちの農業ハウスを見学に行ってきたのであります。
冬の間何も作らないハウスの屋根を天井まで巻き上げてしまうという構造。
私も今年こそはやるのです。その準備のために
せっせと片付け作業をしていたのであります。

え~~~、
なのに、巻き上げる前に積雪してしまって、しかも融けないでやんす。

道中の川上村が吹雪いてて、清里でスリップし怖かった・・・

到着早々、色んな資材の厚さや長さを確認させてもらいました、
メリット、デメリットなど聞きまくりまして
いろいろ勉強させていただきましたよ。

(必死だったので写真は無い)

暖かい家で暖かいスープをご馳走になり帰途についたのであります。



雪道の氷結道路の運転は相変わらず怖いですぅ。

清里の辺りでは覗いてみたい薪ストーブの店や
カフェなんかが幾つもあったんですが
立ち寄る気力もありませんでした。。。。
命からがら帰宅し(大げさ?)
帰りに持たせてくれたサンドイッチを頬張ったのでした。



H口さん忙しい中ありがとうございました。
さぁあたしも頑張るぞーっ!!

と気分だけは盛り上がっているのであるが...

今日は一日中氷点下で寒かった~。最高気温 -2℃。



積雪は20cmくらい。



心配事はハウス屋根のことばかり。
雪が降るたびに今年2月の大雪のことを思い出してしまって、
夜はすぐ起きれるように炬燵で寝てしまいますね(笑)



寒暖の差が激しいので、晴れて気温が上がれば
この程度の雪ならすぐ融けるのにな。

朝からトマトハウスへ行って枯枝をボソボソ燃やして
少しでも雪を下ろそうとウロウロしてました。


家の前の育苗ハウスには廃材の柱を切って支柱をしておき



あっという間に貴重な一日が終わってしまった。。。

早く暖かい雨が降ってハウス屋根の雪を融かして欲しいよ~。




昨日からまた雪がチラつき、



今朝はまた積雪かぁ~。




年内にやるべきことがまだ残っているんだが・・・
とにかく、戸外はびちょびちょ、ぐちゃぐちゃ。





午前中は、冬の凍豆腐のバイト
本日は、キックオフの準備作業でした。

久しぶりに会うM美さんやKさんに元気をもらいまして、
白菜もど~んと頂きました(笑)

もう、氷点下7℃が当たり前の季節なのです。




午後から雪予報、寒いです。



昨日は雨がしっかり降りました。
雨上がりの道路に這っている一匹の太ミミズを発見。



おっ!
これは鶏姉さんが喜ぶかなと拾う。

運動場の中に投げ入れてやると、
即座に活発な一羽がつつき、
ミミズの頭(?)を丸呑み。
おとなしいもう一羽が珍しく横取りをしようと
嘴からぶら下がったミミズの尾(?)を引っ張り
互いに引っ張り合って離した瞬間

「パチーーン!!」

ゴムぱっちんかよ~(爆)



いつものそのそしているのにこのときばかりは小鳥のようなすばしこさ。
完全に呑み込むまで追いかけっこしてました。

気温が低いので土中の虫探しもなかなか獲物が見つからないようです。

そして、今日は久しぶりに卵がありました。
ミミズの栄養のおかげでしょうか?





回覧板で、来春の籾種と春雛の注文が来ていましたよ。



「鶏を飼うより卵を買った方が安いぞ!」

とは言われますが、餌を買っていたら確かにその通りかも知れませんね。
しかし、農家は米、麦、豆、野菜のくずが大量に出るのでこれを餌につかわない手はありません。
我家ではただ今少しずつ、クズ米、クズ野菜に馴らしているところです。

それにしても烏骨鶏って高いんですねぇ・・・。




凍みる朝ですね~。
台所のオリーブオイルはもう凍えていました。




鶏姉さん・・・もう4日も卵産みません。
でも餌の要求は強くて
あたしが近づくだけで近寄ってくる。
も~あたしを何だと思ってんのかしら~?




今日のおやつは・・・
薪ストーブで、林檎のフィリングを作ったので
米粉のアップルリングパンを作ってみた。



米粉パンは難しいなぁ。
小麦グルテンか強力粉の力を借りないと膨らみが悪い。


やっとトマトハウスの片付けに着手です。

ハウスのサイドビニールを久しぶりに巻き上げたら
カエルのミイラがパラパラと落ちてきた。




何とか今週中に片づけを終わらせるのだ!



ぐーたらから脱出だぜぃ~

頑張ろう!





昨晩から雪が降り出し、積雪の朝となりました。



晴れれば融けそう。

曇って寒い朝ですが、誘われるようにフラリと裏山を散策してきました。



急な傾斜道がキツイ。



昼間でもうっそうとして薄暗い森ですが
白い雪のおかげで明るく見えます。









なぁ~んにもない。
気分爽快になっただけ~。


    
今朝未明、レム睡眠中のあたしは鶏姉さん達の声を耳にして飛び起きました。
起きて長靴履いて様子を見に行くと何か囁いている声が中から聞こえた。
よかった、何ともない。
何かの気配を感じ取ったんでしょうか。
小屋と運動場の周囲には、小さな足跡がありました。
小獣がうろついていたようです。





杭にカマキリの卵が産みつけられていました。



ん・・・高さは1メートルくらいある。

警戒しておかんと!?




晴れているけど小雪が舞散ってました。





夕暮れが本当に早くて、朝が遅い我が家は(?)
一日にちょっとの作業しか出来ないのであります。


一昨日は大根と人参を保存のために土中に埋めてました。
翌日は土がカチカチ。陽が昇るとドロドロ。
やっておいてよかったーっ!




毎日少しずつ薪作りもしています。
チェーンソーを使うまでもない微妙な太さの材木を処理中なので
丸ノコをツールスタンドに逆さに固定して切断。




肝心のトマトハウスの片付けが停滞・・・
巻き上げ用の直管パイプを準備しようとしたんだけど
草に覆われてしまって。。。
まずは周囲の草刈から。 トホホ 




そして今日は、鶏小屋のドア作り。
網をビスの頭に引っ掛けて張っていただけだったんだけど
これだと取外しが面倒くさいのでやっと作る気になりました。

小さな鶏小屋とは言え、扉なんて作るのは初めてです。
掃除がし易いように観音扉で、もちろん廃材で。
恐らく扉などの建具を自作するときには、留接ぎ、相欠きなどという従来の指物ならではの工法があるんでしょうが私にはそんな知識も技術もありません。
なので、フツーに4本の棒とビスで簡単な四角形 
・・・
簡単では無かった。

筋交を入れて何とかぐらつきを誤魔化す。
網を張って、買ってきた蝶番を取り付け。



設置をすると、今度は敷いた床板が微妙にぶつかったり。。。
何とかまぁ設置完了したときにはもう夕暮れだ。

不器用ですが作ることに没頭している時間は愉しいのであります。
次は鶏小屋の壁を! なぁんてわくわくしながら考え始めるのでした。

明日こそ・・・片づけを!
毎晩スケジュールを見直す日々です。



冬型の低気圧が大暴れ。
早朝は初雪がちらつきました。
そして昨夜から我が家が揺れるほどの爆風です。

めちゃめちゃ寒い~!
カロリーをとらなければっ!?


白花豆で白餡を作ろうと思い仕込みました。
使ったのはミス白花豆選抜に一次予選で漏れたクズな豆。



これを薪ストーブの上でぐつぐつ・・・一晩放置煮しました。
指で潰れるくらい柔らかくなったので汁を少し捨てて
ミキサーで細かくし、(本当は潰して布巾で濾すらしい)
ホウロウ鍋に移して砂糖を加えて煮詰めました。



餡子というより、クリームのようなものができました。
何でしょこの汚れた色あい...とても白あんとは言えません。
白い餡子を作って蒸した和菓子を作るつもりだったのに。

ですが!!

めちゃめちゃまいう~でございます♪

何と表現したらいいか・・・
そう、マロンクリームのような、花豆煮のほっくり味!

ペロペロ味見をしながら美味さに感動してしまいました。
あぁ、たまんないわ~。

ペロペロ
ペロペロ
誰かあたしを止めてぇ~。




甘いクリームを頬張ったら珈琲が飲みたくなります。
昨日、久しぶりに珈琲豆を焙煎しておいたのです。
もちろん薪スーブの熾火でコロコロ~と。
今年は珈琲豆を専用に挽くための手動ミルを手に入れました。



こんな感じで粉になりました。





今日も食べるために全力投球です。




午前中は小雨があり、午後やっと曇り。



前栽畑をチェック。
玉ねぎは細いながらも根が張ったようで、
遅く植えたにんにくも芽が出てきました。



寒冷地は苦手だとされる品種の二条大麦が生えそろってました。



3年前のパン用小麦は・・・まだ見えませんが
露出していた粒を見ると発芽している模様。



日中暖かければ、今年は年内に出そろうかもしれません。
期待が高まります。


雨や曇りになると昼間でも家の中が一日中暗いです。
そんな日は何をするのかと言うと、
一日中薪ストーブを焚いて
リンゴを煮詰めたり
豆を煮たり
そんなことばっかりしてしまいます。
つまり、
一日中食べることばっかり
考えてしまうのです。

今夜は薪ストーブでピザを焼きました。



米粉のパン生地に、作り置きの自家製ケチャップを塗って
玉ねぎや冷凍しておいた夏野菜をトッピング。
チーズだけは買ってきたもの。
おお、なかなか自給率も高めだ。



12月、また信州は一段と寒くなりました。

 | ホーム | 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。