プロフィール

花豆餡子

Author:花豆餡子
***************
「食べることは生きること」
少しでも自給自足で、心身ともに健康な生活を求め、信州の山の麓で農業に辿り着きました。
古民家と田畑を借りて、荒れた家を修理しながら農作業に精を出し、おいしい米と野菜を作ろうと日々汗を流しています。
田舎の生活を自分感覚で愉しんでいる、自称、自由農業人。
物を作ることが大好き。
そして毎日ちっちゃなシアワセをかみしめながら、ほそぼそと生きているのであります。


カテゴリ


月別アーカイブ



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今朝はめちゃめちゃ寒かったー。



朝のショボい出荷を早々と終わらせて、
お楽しみの革細工教室へ。

先週、色をつけておいた革の上に
講師の先生が仕上げ用のラッカーを塗っておいてくれました。
我ながら案外きれいじゃないですか。



ん・・・塗りムラが消えているような・・・
「先生、ひょっとして手直ししてくれました?」
先生は何も言わず、ニカッと笑う(笑)

中に縫い込むモノと両面テープで張り合わせて
これから縫う場所に線を引きます。


↑お隣さんが道具で線をつけているところ。

この線の上に、目打ちをして穴をあけていくのです。
平らな所は三本目打ち、曲線は一本目打ち
ペンチのような道具で上下一緒に穴をあけました。
必死でやっていたので画像なしデス(笑)

革紐を通した専用の針(レース針というそうです)で
紐がねじれないように巻きがかりをします。



形になってきたよ。
縫いながらわくわくするね。
縫い終わりは革紐の末端を重ねて縫い、
ボンドで固めて余分な紐を切って出来上がり。

最後にひとつのテーブルに作品を集め、
参加者全員で鑑賞会~♪ 
どれもいい感じ~!


↑ 手前のコインケースがかわいい!

↓ 紺色の大きな財布、すごく素敵です!



↑ これは先生の過去作品、カードケース。


図書館でレザークラフトの本を借りて読んだのですが、
革細工は大胆な模様を施すのがいいみたい。

初心者の私は財布だから・・・と
ちょっと大人しい柄にしてしまいました。



いいんです。
財布の中身も大人しいので。(汗)



世界にひとつの~革財布なのでした。

この教室は年1度開催されるもので、
毎年参加しているという人が半分以上。
私もまた来年も参加しようかなー。
今回の教室で面白さにハマり、月1回のサークルに既に加入した
という人もいました。
講師の先生は88歳。(見えないほど若い)
「先生、来年もお達者で、教室やってくださいね!」
と皆で笑いあいながら、2回に渡る革細工教室が終わったのでした。

革細工って、どんな工具が必要でどんな風に使って
製作するのか、興味があって参加したのですが、
それ以上に楽しかった&面白かったという感動がありました。

手作りは本当に楽しいです。

 | ホーム | 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。