プロフィール

花豆餡子

Author:花豆餡子
***************
「食べることは生きること」
少しでも自給自足で、心身ともに健康な生活を求め、信州の山の麓で農業に辿り着きました。
古民家と田畑を借りて、荒れた家を修理しながら農作業に精を出し、おいしい米と野菜を作ろうと日々汗を流しています。
田舎の生活を自分感覚で愉しんでいる、自称、自由農業人。
物を作ることが大好き。
そして毎日ちっちゃなシアワセをかみしめながら、ほそぼそと生きているのであります。


カテゴリ


月別アーカイブ



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日は、前々から興味のあった革細工教室に行ってきました。
今日と来週と2日間のみの教室で、講習費は無料、材料費が自費です。

簡単な小物を作ります。
作る小物はキットになっていました。

机の上にタオルが置かれ、その上に台座の板と木槌が置かれ、
お試し用の皮を配られました。
沢山ある刻印から自分の好きな模様を打ち付けるようです。

何度も参加している人ばかりだったので
大した説明もなく、、、

ドンドンッ!!
デンデンッ!
トントントン!!


といきなり始まりました(汗)
なになに、あぁ、打ち付けて彫ればいいのね!
私も見よう見まねでやってましたが・・・



後で調べると、これは「スタンピング法」というそうです。
金型の刻印(スタンプ)を打ち付けることで
革に模様がつけられ、それを並べたり組み合わせたりすることで
いろいろな変化をつけることができるんだそうです。

デザインなど考える余裕もなく、
ただ、この葉っぱの刻印が気に入ったので
思いつきで打ってみた。



どんな感じにしようかと唸っている間に
周囲の皆さんはいつの間にか
色付け作業に移行。

打ち込んだ模様に色を付けます。

皆が使った残りの染料は、筆を濯いだ水が入って
めちゃめちゃ薄かった・・・(笑)


そして、全体を染めました。

「ふき染め」というんだそうです。
小さくたたんだ布切れに染料を含ませて
革の表面をサッサッサーと拭いていくと、
刻印した凹み部分に先程付けた色が残り、
凸部分に今回の色が付くらしい。
(↑これも後で調べた)



うーむ、ムラができてしまったわー。

何てヘタなのかしら~。
デザインのセンスもな~い。


「これも世界にひとつの個性よ~♪」

なぁんて、励まされながら本日の作業は終り。


何だかよくわからなかったんだけど、
ちょっと面白かったわ。


さぁ、一体何ができるのでしょうか。

来週のお楽しみなのです。

 | ホーム | 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。