プロフィール

花豆餡子

Author:花豆餡子
***************
「食べることは生きること」
少しでも自給自足で、心身ともに健康な生活を求め、信州の山の麓で農業に辿り着きました。
古民家と田畑を借りて、荒れた家を修理しながら農作業に精を出し、おいしい米と野菜を作ろうと日々汗を流しています。
田舎の生活を自分感覚で愉しんでいる、自称、自由農業人。
物を作ることが大好き。
そして毎日ちっちゃなシアワセをかみしめながら、ほそぼそと生きているのであります。


カテゴリ


月別アーカイブ



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日中、暑かったー。



近所でヤマボウシの実が沢山生っています。
地元民は「山っ桑」と呼んでいました。
食べれるというので、初めて食べてみた。
皮がゴワゴワする。でも果肉は甘くてジューシー。
種もあって、食うとこ少ないわ。
ジャムとかいけるのかなぁ・・・


さて、書斎(と呼んでいる小さな部屋)の床に
フローリング材を敷きました。



たかが2坪ぽっちな部屋なんだけど
右側の最後の列の調整が難しかったー。
何たって、家が歪んでいるからね。

角はこんなんだし、



柱もこんなんだし、



素人なので細かいことは目をつむりましょう(笑)
壁も何とかしたいけど、
もう精魂尽き果てた...

掛かった費用は、
  フローリング材(B級)¥3,580(坪) *2 = ¥7,160
根太材 ¥1,280
断熱材 無料  ボンドは使用せず
  釘は 前回の余りなので無料
ということで、合計 ¥8,440
これは、高い?安い?


今年の冬は部屋が少し暖かくなるといいなー♪




御嶽山が噴火!?

御嶽山といえば、まだ記憶に新しい
4年前に登った山だ
まさかこんなに大きな噴火をするなんて・・・
死傷者がかなりいるそうで、
登山好きな私としては他人事ではないのです。
突発的な自然災害の恐ろしさに背筋が凍りました。


こちらは、降灰もなく
朝からすっきり晴れそうな空。



こんな晴天の日なら、蓼科山へ登れば、
頂上から御嶽山の噴煙の様子が見えるかな。
(↑恐ろしいと言いながら考えることはバカです)



しかし、本日は地区内の温泉祭り。

安全協会の役員をしているあたしは
朝から任務を遂行しなければならないのであった。



黄色い蛍光色の網チョッキを着て、
交通整理の誘導棒を持って、
BoAのようにトランシーバーのマイクを頭に装着して、

そう、いちにち

臨時駐車場の車両誘導係


まぁ忙しいのは3時間くらいだったんだけど
何たって炎天下、秋でも暑い。



駐車場は4箇所あって、トランシーバを使って
空き状況などをやりとりするんだけど、
トランシーバーから聞こえてくるのは、別な駐車場を担当している
他集落のおばちゃんの雑談ばかり・・・←使い方分ってない(笑)

日陰で地べたに座って支給された弁当を交代で食う。



とにかく、暑い。

午後になっても、暑い。


それでもって、一応、役員の仕事ではあるが
お手当(現金で支給)がつくのでありました。

封筒の中身は何と、弐千円

えっと、朝8時から午後3時だから7時間、
ん・・・時給300円あるかなー、ねーなー(笑)

任務終了後はどっと疲れて温泉にも入らず
帰宅してトマトの収穫をしたのでした。

炎天下に立つというのは疲れるもんですね。

この任務、来年もあるんだな...




鞍掛豆を塩茹でしてみました。



今年の種の使った残りです。

海苔のような独特の香りを持つことから、
「海苔豆」とも呼ばれます


って、ん・・・海苔風味はしないよー。
でも、おいしかったのでしちゃいました。

一気食い

ちょっと珍しい外見ですが、皮を剥いてみれば
ただの青豆やった(笑)





今日はずーっとやりかけのリフォームの続き。
2坪の書斎の床作りです。
根太となる角材を配置してみた状態で
凹凸が激しくて、なかなか水平が出せず



早2年経過(笑)

やっとやる気になって、
というか、水平にこだわるのをやめまして
断熱材を敷き詰めました。
居間と同じく、無料の断熱材。



おっ、今回は静岡県沼津のものです。
沼津の漁業組合さん、ありがとう。



パズルのように敷き詰めました。



今日はここまで。
次はフローリング材を敷いて行きます。




♪ 大きな栗の木の下でぇ~ ♪



いも、くり、なんきん



秋の味覚と言えば、栗!

午後、大きな栗がやってきたー。

いや、そうじゃなくって、

隣県のHさん夫妻が栗を持ってきてくださいました。
立派な栗、ありがとー♪



デ、デ、デカイ!
大きな私の手のひらを覆うくらい大きい。



私が苗木を買おうか悩んでいた「ぽろたん」という品種で、
渋皮がポロッと剥けるといううわさの栗なのです。
いろいろ質問をしていたら、持ってきてくれました。

冷蔵庫で1ヶ月追熟させるとより甘くなるらしい。
その後、薪ストーブの上で焼栗で食べてみようと思います。
あ、でも栗ごはんもいいなぁ。丸ごと菓子にもできるなぁ。
どう食べるか想像するだけでワクワクするわん(笑)

美味しかったら、来春に迷わず苗木を購入するんだ。


木に生った栗も気になった
(このオチ、し、しつこい?)



ご近所さんから大きな梨を頂きました。
みずみずしくておいしい。



でも・・・

最近、気になるのは秋の味覚

裏の裏の住人不在の家の、筆柿

道沿いにあるので
毎日チェックしているのであ~る。




ほほぉ~、今年は豊作じゃのう~。


今日は色づき始めていた。




ここだけの話、狙ってますの。

そういう意味では、あたしも獣。


木に生る柿が気になるのじゃ!
(↑本日のオチなのだ)





今の時季、ブロッコリーがおいしい。
秋は青虫も少なくていいね。



春に種を撒いて初夏に沢山収穫したスティックセニョール(茎ブロッコリ)や
主蕾を収穫してしまったブロッコリーが
脇から新芽がチョロチョロ出てきて
ブロッコリーちっくな食をつないでくれてました。



古い枝を剪定してあげると
またニョキニョキと新しい枝が出て来るんですね。
さっさと片付けをしないメリットもあるんです(笑)



ありがたや。

ひょっとして、
霜が降りない地域なら一年中食べ続けられるのかしら?

しかし・・・

親戚だと思っていたカリフラワーは全く出ない

誠に残念だ



最低気温 4.3℃、最高気温20℃。

今朝は霧が出ていた。



周囲ではいよいよ稲刈りが始まりました。



隣組のコウちゃんちもバインダー刈りが終わってまして、



下集落のF子さんちは既にはざ架け終了です。



さらに下の集落の私の隣の田では丁度刈っている最中。

あたしの田? 10月じゃよ!!



それにしても、稲刈り日和だにぃ~。




今朝はめちゃめちゃ寒かったー。



朝のショボい出荷を早々と終わらせて、
お楽しみの革細工教室へ。

先週、色をつけておいた革の上に
講師の先生が仕上げ用のラッカーを塗っておいてくれました。
我ながら案外きれいじゃないですか。



ん・・・塗りムラが消えているような・・・
「先生、ひょっとして手直ししてくれました?」
先生は何も言わず、ニカッと笑う(笑)

中に縫い込むモノと両面テープで張り合わせて
これから縫う場所に線を引きます。


↑お隣さんが道具で線をつけているところ。

この線の上に、目打ちをして穴をあけていくのです。
平らな所は三本目打ち、曲線は一本目打ち
ペンチのような道具で上下一緒に穴をあけました。
必死でやっていたので画像なしデス(笑)

革紐を通した専用の針(レース針というそうです)で
紐がねじれないように巻きがかりをします。



形になってきたよ。
縫いながらわくわくするね。
縫い終わりは革紐の末端を重ねて縫い、
ボンドで固めて余分な紐を切って出来上がり。

最後にひとつのテーブルに作品を集め、
参加者全員で鑑賞会~♪ 
どれもいい感じ~!


↑ 手前のコインケースがかわいい!

↓ 紺色の大きな財布、すごく素敵です!



↑ これは先生の過去作品、カードケース。


図書館でレザークラフトの本を借りて読んだのですが、
革細工は大胆な模様を施すのがいいみたい。

初心者の私は財布だから・・・と
ちょっと大人しい柄にしてしまいました。



いいんです。
財布の中身も大人しいので。(汗)



世界にひとつの~革財布なのでした。

この教室は年1度開催されるもので、
毎年参加しているという人が半分以上。
私もまた来年も参加しようかなー。
今回の教室で面白さにハマり、月1回のサークルに既に加入した
という人もいました。
講師の先生は88歳。(見えないほど若い)
「先生、来年もお達者で、教室やってくださいね!」
と皆で笑いあいながら、2回に渡る革細工教室が終わったのでした。

革細工って、どんな工具が必要でどんな風に使って
製作するのか、興味があって参加したのですが、
それ以上に楽しかった&面白かったという感動がありました。

手作りは本当に楽しいです。



最低気温8℃、最高気温18℃
びっくりするぐらい寒くなりました。
トマトも赤くならなくて、もう10月下旬のようです。



しかし、目隠し&グリーンカーテンのはずのゴーヤは今頃元気だ。




信州は今、生プルーンがおいしいです♪




室内気温も低すぎて、パン種も醗酵停止状態。。。


今夜は寒いので、早くも薪ストーブの出番。




ゆらゆら炎を眺める時間が

しあわせかも~




早朝が寒いざんす。でも晴天、ときどきうっすら雲。



我輩は相変わらず、カリフラワー好きである。



玉葱が無事に発芽してホッとしているところ。



本日の漬物の仕込みは、小茄子のからし漬けじゃ。





ちょっと心弾む現象が起こったのです。

発芽玄米の酵母で、初めてパン種が でき・・そう!?



自米の玄米を水に浸して発芽させといて、
これをミルサーで砂糖と水で細かくしてからブクブクさせました。

酵母がブクブク

ここまでは、林檎、ラズベリーと何度も挑戦してみたことがあるんだけど、
いざ、小麦粉を混ぜると、気泡はできても全く膨らまなかったのであった。

なんでだよーーー! 納得できず悶々としておりました。

小麦粉がスーパーの一番安いパン用強力粉だからか?
そう考えて、日○製○のカメリアにしてみたが同じ結果だったし。

先日、大手スーパーで500gサイズのこれを見つけた。

ライ麦(細挽) 原産国:ドイツ

EUモノはまだ試してないわ。
ちょっと高かったけど、早速買って試してみることに。

混ぜてみたらね

見てよコレ~、膨らんでますよん♪



これは掛け継ぎ2回目の画像です。
輪ゴムの場所が粉を入れたときの最上地点。

そうかぁ、原因は あたしじゃなくて、粉 だったんだー!!

んふ♪ 酵母ちゃんと心が通じ合えた気分♪

冷蔵庫で一晩冷やしてから常温に戻し、粉を増やしていくと
醗酵時間がだんだん短くなっていく・・・らいいのです。

そうして、パン種をどんどん増やしてって・・・

増やしてって

えっと・・・

あと、どーするんだっけ?(笑)






9月に入ってすぐに、熊の目撃情報があったので注意を!
と町内有線放送が流れていました。

昨日の朝からは2時間おきに熊注意を呼びかけています。

人が襲われたらしい

北八ヶ岳へ続く県道の上の方らしいんですが・・・
そこは、キノコ採りの通にとってはかなり有名な場所らしくて
食べるものが無くて熊が民家に下りてくるのではなく、
熊の生息領域に人間が食べ物を探して入って行って
鉢合わせしてしまい襲われたようだ。


そして、あたしの畑には相変わらず鹿が下りて来る。
あたしの生息領域にこっそり入って来るヤツ!

とうとう、小豆の場所を見つけられてしまった。
今まで被害がなかったのが不思議といえば不思議なことなんだが、
わさわさ生えている小豆の芯頭を食べられてました。。。



すぐ隣の黒豆は既に豆が固くなり始めていて、
葉が元気なかったためか被害なしです。(ホッ!)

花や付き始めた実は食べられていないのでこれ以上の被害がなければ
収穫はできると思うのであるが。。。。

ちょっとぐらいの被害は大目に見てやるぜ
と放っておいたら、
翌日には被害が倍になっていた。

急遽、ここにも一面だけ網を張りました。
これで、全ての畑に網を張ったことになる。

ちょっとでも隙があればすぐに侵入するし、
草もこまめに刈らないと、網に絡み付いて、ぶら下がり
杭が倒れたり、網が緩んだりするのである。
要するに放置できなくなるってことなのである。

あーあ。
自然は手強い・・・


しかし・・・鹿ってばいつもうろうろしてるんだなぁと。

今日は全ての田んぼの水を落水しました。

あれ? 稲が倒れてる?
昨日までそんな気配なかったのに!



田植えをしてから被害が無かったのでこのまま来なければいいのに
と祈っていたんだが・・・



ちゃんと足跡ついてるし。
鹿が食べそうなものは無いのに、何故ここを通る?

やっぱり来年は隣の田のように網を張らなきゃだめかなぁ。
大変だからそこまでしたくないなぁ。。。



さて、味噌用大豆(コウジイラズ)がふっくらしてきたので
枝豆として茹でてみました。



枝豆品種に負けない甘さでした。



本日も保存食作りに精を出してました。



しその実を収穫しまして



指でしごいて実を取ります。



とりあえず塩漬けに。
おにぎりなんかにまぶすと結構イケる。
このプチプチ感とシソの香りがいいのです。
一番好きなのは、佃煮だな。
でも今作ると絶対に全部食べちゃうから楽しみは後に。



ここ最近、じゃがいものニョッキ料理を研究していた。
先日の 美味しくない結果 を振り返り、リベンジしていたのです。

茹でてデロデロしてしまったのは茹ですぎが原因だった。
(レシピ通りだったんだけどなー)
沸騰した湯に入れて浮き上がってきたところをすくい上げてみたら
丁度いいみたいです。



薄力粉を使ってみたり、強力粉を使ってみたり、
つなぎに卵を混ぜてみたり。何度も作っては食べていた。

なぁんか、どれもこれも違うんだよなぁ。。。
あたしの求めている食感じゃないのね。

こう、もちもちっと、それでいて噛み応えのある味が欲しい。。。


ちょうどそのとき、図書館から米粉料理の本を借りてきていて、
その中に米粉のニョッキというものが紹介されていたのね。
そのレシピをもとに、自産の米粉で作ってみました。

米粉と片栗粉を9:1で混ぜ、塩とオリーブオイル少々。
熱湯を入れて練るだけのもの。茹で時間は5分。

そしたらやっと納得できるニョッキができたのである。

じゃがいもが全く関わらないニョッキだ!(笑)


(↑料理も写真もセンスない)

あっという間に間食。

こっ、これだわっ!
あたしの求めていた味は!


ニョッキというより、韓国料理に使うトッポギのような・・・

トッポギ!?

あたしは、トッポギを求めていたのか~(笑)

で、その納得のいくトッポギを沢山作りまして、冷凍保存しました。



パスタが食べたいときにはこれを茹でて食べるのです。


やっぱり、あたし、アジア人なんだわぁ。



最低気温はかろうじて 10℃ でした。
気持の良い青空に穏やかな微風。




今日こそ、
今日こそ風呂に入るぞ~


浴室の混合水栓の水の ボタ漏れ は結局直らずでした。
製造会社にバルブ部品の問合せをメールをしたら

廃番商品につき恐れ入りますが部品供給は終了している為、
後継品のご案内をさせていただきます。


とPDFファイルが添付されて返ってきた。
後継品は¥30,000~\50,000 ばかり・・・

買えねぇよぉ!

てことで、3日前、コメリでセール品を買ってきました。 ¥9,800なり。
交換してから風呂に入ろうと思い、この晩は寝てしまった。




一昨日の晩遅く、交換作業に取り掛かったんだけど・・・
壁の水道管と直接接続しているこの偏心栓という部分が固くて動かない。
ううう~、どうしたらいいのだ? で作業中断。
古い水栓を元に戻しといて、もう遅いので寝た。



昨夜、現象をネットで調べてみたら、
CRC-556 を吹きかけてやると緩むとあったので
同じようにして外すことができた。あーよかったー。



古くなったシールゴミをきれいに取り除き
ブラシで出口をお掃除。

シール? 新しいシール買ってないや!

げっ、ホームセンターはもう閉まってる時間だにぃ・・・
てことで、またまた古い水栓を元に戻して、寝た。


今日、シールを買ってきた。
そして、無事交換作業が終了~。
長い取り付け作業だったなぁ(爆)



もう水漏れはありません。
キュッと水が止まるっていいですね。(笑)

これで来月の水道代少し減るかなぁ。


風呂、ちゃんと入ろっ!



今日は、前々から興味のあった革細工教室に行ってきました。
今日と来週と2日間のみの教室で、講習費は無料、材料費が自費です。

簡単な小物を作ります。
作る小物はキットになっていました。

机の上にタオルが置かれ、その上に台座の板と木槌が置かれ、
お試し用の皮を配られました。
沢山ある刻印から自分の好きな模様を打ち付けるようです。

何度も参加している人ばかりだったので
大した説明もなく、、、

ドンドンッ!!
デンデンッ!
トントントン!!


といきなり始まりました(汗)
なになに、あぁ、打ち付けて彫ればいいのね!
私も見よう見まねでやってましたが・・・



後で調べると、これは「スタンピング法」というそうです。
金型の刻印(スタンプ)を打ち付けることで
革に模様がつけられ、それを並べたり組み合わせたりすることで
いろいろな変化をつけることができるんだそうです。

デザインなど考える余裕もなく、
ただ、この葉っぱの刻印が気に入ったので
思いつきで打ってみた。



どんな感じにしようかと唸っている間に
周囲の皆さんはいつの間にか
色付け作業に移行。

打ち込んだ模様に色を付けます。

皆が使った残りの染料は、筆を濯いだ水が入って
めちゃめちゃ薄かった・・・(笑)


そして、全体を染めました。

「ふき染め」というんだそうです。
小さくたたんだ布切れに染料を含ませて
革の表面をサッサッサーと拭いていくと、
刻印した凹み部分に先程付けた色が残り、
凸部分に今回の色が付くらしい。
(↑これも後で調べた)



うーむ、ムラができてしまったわー。

何てヘタなのかしら~。
デザインのセンスもな~い。


「これも世界にひとつの個性よ~♪」

なぁんて、励まされながら本日の作業は終り。


何だかよくわからなかったんだけど、
ちょっと面白かったわ。


さぁ、一体何ができるのでしょうか。

来週のお楽しみなのです。

月とだんご



一昨日の晩は十五夜でスーパームーンを眺め、
昨夜は十六夜の月を見上げてました。



今朝は西の空にまだ月が見えてます。


満月

と聞いただけで、おだんご を連想してしまう。

ん・・・食べたい・・・

昨夜、深夜にも関わらず作った。

日付が変わってしまったのに食べちゃった。。。



真夜中の甘味は危険な蜜の味。


全て秋のせいだわ。




おお、秋晴れだ。



ラズベリーが実ってきました。



どうも、年2回収穫できるようだ。嬉しいね。


今日も台所で忙しく加工業。

我家には、ソース、ケチャップなるものが無い。

とんかつやコロッケは作る段階で塩コショウなどの下味をつけておくから
基本的に何もつけないで食べているし、
トマトケチャップを使うような料理は・・・何があったっけ?

そんなあたしがウスターソースを気にしだした。

毎年来る友人に毎回言われるセリフ。

明日の昼、焼きそばにしたいけど~、
ソースないんでしょ~?
あ、ケチャップもないんだっけー?


調べてみれば、主な材料はどちらも トマト、玉葱、にんにく、砂糖、酢である。
ウスターソースはこれに醤油、人参やハーブなどが必要。
材料は全部あるじゃん。

で、初めて作ってみた。ウスターソース。
と、ついでに、トマトケチャップも。



基本的に材料はミキサーで合わせ時間をかけて煮るだけ。



ぐつぐつ煮詰めながら、ちょくちょく味見。

うっ、うまいじゃないか~!

ソースとケチャップってこんなにうまいもんだったのかぁ~。

早速、フライドポテトを作ってケチャップを付けて食べてみた。
(他に料理が思いつかない)



・・・懐かしいマクドな味(?)

フライドポテトは塩で食べるのが一番だなと再認識(笑)
ピザのソースに使ってみるか。

出来上がったウスターソースの味は
エビフライが食べたくなる味です。




どちらも、スーパーへ行けば、¥200でお釣が来ますね。





外の最低気温は14℃だった。
朝晩はもう長袖を着なきゃいられないです。




前栽畑のきゅうりが遂に終わってしまった。。。

きゅうり第2段苗を昨日、やっと定植したところです。
露地とハウスに植えたんだけど、こんなに涼しいなんて・・・
果して食べれる日が来るのだろうか?

それまでの間、古漬けで楽しもうじゃないの。
7月、食べきれずに塩漬けしておいたきゅうりがいっぱいあるので



スライスして、塩抜きをし、昆布と佃煮にしてみました。



ご飯がまた進んじゃいます。


前栽畑のにんじんがやっと食べれそうなのでちょっくら収穫。



これに、青しそ、こぼれ種で生えたししとう、みょうが、生姜を切って
今年も鉄砲漬けを仕込みました。



しょうがは栽培していなくて、しょうがないから買ってきた。(寒い~)



漬け瓜は、古代きゅうりと漬け物用の瓜の二種類を収穫していて、
収穫でき次第、順次塩漬けをしておいたもの。
材料の多い漬物ってさ、収穫の時期が微妙にズレてて
全部自前でそろえようとすると大変なのよー。

瓜はまだ収穫できそうなので、ちょっとずつ仕込んでいこう。

そして、大きくなりすぎた漬け瓜は、塩漬けの後で本粕漬けに。



瓜の粕漬けって信州に来た頃はそんなに美味しいとは思わなかった。
けど、今では慣れたというか、ときどき食べたくなるのです。
粕が高いので、高級漬物なんだよー。

ふふ、あたしもすっかり信州人だわね。(笑)

全ては、食料が生産できない冬のための準備なのです。



久しぶりに青い空を見た気がする。



田んぼで、全穂いもちを見つけて悲しい気持になってしまった。




悲しい出来事は連鎖するのである。


毎日の私のおやつ、出荷できないミニトマト。
今が一番おいしい。
(と自分では思っている)
そして、野菜高騰で、高値である。

イケイケー!!
出せだせー!!
稼げ稼げー!!


といきたいところなのだが



朝の収穫で、明らかなハネダシを食べ、
パック詰めで見つけたハネダシを食べ、
最終的に残ったハネダシはこうして居間の卓上に残り、
気が向いたときに一口、二口と食べて消費しているのです。
もう何十個食べることか(笑)
(結局、これが本当の朝ご飯みたいになってたりして)



一見、赤くピカピカで問題ないじゃん、って思えるのだが



ひっくり返せば、着色不良。
花の時季にハウスが高温すぎて障害になるんです。
7月末から8月はじめの頃の気温は確かにそんなんでした。
そんな目にあった実がこ~んなに、連日わんさと出るんですわー。



あーあ、おいしいのになぁ。(泣)


今年は間に合わなかったけれど、
来年はハウス屋根を開閉できるようにして対策を講じます。
障害が減ることを願って・・・

すぐ忘れるから、ここに書いとく。






防災予防週間なのですね。

日本に住んでいる以上、いや地球上のどこにいても
安全な場所というのは無いような気がします。
そんなことを思う程、ゲリラ的な局所災害が本当に多くなりました。
だから日頃の予防対策が欠かせないんでしょうね。

私の住んでいるところも山の裾地でして、
土砂崩れが起こっても不思議ではないし、
暴風で隣家の裏の大木が倒れることも想定していなければならない。
と思うこの頃。

本棚の整理をしていたら、市内の防災マップというのが出てきた。
いつもらったんだっけー?って
広げて見ることも無かったんだが、
今日初めてちゃんと広げて見た。



信州は海が無いので津波や高波はないけれど、
山だらけなので、河川の氾濫警戒や土砂災害の警戒区域がいっぱい。



えぇと、あたしんち・・・



危ねぇじゃん...

思いきり、土石流警戒区域だ。
第一避難場所の公民館も入っているし。
というか、うちの集落全戸があてはまる...

分っていたけれど、やっぱりはっきりとした情報で見ると
用心せねば!って思ったね。
防災グッズや簡易食料もそろえておかなきゃね。



天候や自然災害だけでなく、

まぁ何と言いますか、

毎日が色んな意味で崖っぷちな生活ですけど。。。




何事も命あればこそですから。


 | ホーム | 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。