プロフィール

花豆餡子

Author:花豆餡子
***************
「食べることは生きること」
少しでも自給自足で、心身ともに健康な生活を求め、信州の山の麓で農業に辿り着きました。
古民家と田畑を借りて、荒れた家を修理しながら農作業に精を出し、おいしい米と野菜を作ろうと日々汗を流しています。
田舎の生活を自分感覚で愉しんでいる、自称、自由農業人。
物を作ることが大好き。
そして毎日ちっちゃなシアワセをかみしめながら、ほそぼそと生きているのであります。


カテゴリ


月別アーカイブ



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日から続いて雨と曇りの繰り返し。
半袖では寒いです。



先週末に前栽畑の、じゃがいもを全て掘りました。
あたしにしては、8月に掘るなんて珍しい・・・
(いつもは10月、11月に掘るのです)
なぜなら、早く片付けて次の準備をしたいから。

芋堀りは大変だった。何といってもこの草だしよ。



まずは刈払機で軽く草を刈らなければどうにもなんない。
芋を掘るついでに、石も拾う。相変わらず石がごろごろ出てくる。



放置の割にまぁまぁな収量?
だけど、放置栽培はやっぱりダメだね。
土寄せを全くしていなかったので芋が露出して
皮が緑になったものが結構あった。
大きい芋が沢山とれたので、収穫時には喜んでたんだけど、
この、大きい芋っていうのは案外ダメなんだな~。



割ってみるとこんな空洞が多い!うちのは間違いなく空洞があります。
これって、急激な地温変化や雨に関係するらしい。
そして、空洞がある芋は中から腐って保存がきかないんだ。
やはり、標準がいいのです。フツーが一番ね。

以前から、収穫したじゃが芋で作りたい料理があった。

イタリア料理の「ニョッキ」

レストランで食べたのは人生1回きりですが、

このパスタなら、あたしにも作れそ~♪
しかも原料の栽培からよ~♪


うふふっ、と思っていたのです。

そして、チャレンジしてみました。
じゃが芋を茹でて、マッシャーで潰し、すったじゃが芋、塩、卵、
粉チーズ、薄力粉で練ってまとめます。
強力粉で打ち粉した台の上で棒状にして切っていく。



沸騰したお湯でスパゲティのように茹でました。

茹でたらね

あらっ・・・



すいとんの出来損ないになりました。

隣の鍋では既にトマトソースを煮込み中。



何とか絡めて、出来上がった夢の一皿、初めてのニョッキ!



デロデロしてて全くおいしくありましぇん・・・
歯ごたえも無く、フォークでも刺せましぇん。

食べながら、一体どこで間違ったんだろう・・・?と反省をしました。
沢山作って冷凍しておこうかな、と考えてまだ練った状態の塊があるのです。
どーやってリメイクしようか・・・?

フーッ (深い溜息)


夜は、捨てちゃうような小芋を使って一品。



味噌を絡めました。
やっぱりさー、ニッポンジンは味噌とゴハンよね。

食べなれないものを作るもんじゃないです。

 | ホーム | 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。